引退宣言を行ったLil Uzi Vertがレーベルとの契約問題を抱えていることをほのめかす

先週末、突如として「活動を終了する」との宣言を行ったLil Uzi Vert。予告されていたアルバム『Eternal Atake』を心待ちにしていたファンにとっては衝撃的な発言だったが、引退を望む理由はレーベルとの契約問題だったのかもしれない。

先週土曜日、Lil Uzi Vertは自身のInstagramにて一本の動画をアップロード。

彼はそこで、自身が所属するレーベルAtlanticとの間に問題が生じていることを明らかにした。「俺は作品を出そうとしてるんだよ。“New Patek”をドロップしたし、あれはリークされなかった。何か出したい。これが俺の人生なんだ。俺にできることは、音楽を作ってみんなの反応を座って待つだけだ。俺が音楽を出したくないって思うか?」と語る彼は、『Eternal Atake』をリリースする意志はあるものの何らかの事情でそれが実現出来ないことを仄めかしている。

さらに、「ストリートでは紙にサインして契約する必要もなかった。あいつらは卑怯だからな。どうやってあんな物にサインすればいいんだよ?俺は自分の力で上がってきたんだ」という言葉からは、彼が現在抱えている問題はレーベルとの間に発生したものであるということが窺える。

以前Lil Uzi Vertとビーフを繰り広げたRich The Kidなど、所属レーベルとの間に問題を抱えるラッパーは多く存在している。自身の作品を思い通りにコントロール出来ない状況にストレスを感じているらしいLil Uzi Vertだが、どうか引退せずに契約問題を乗り越えて『Eternal Atake』をリリースして欲しいものだ。

RELATED

Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

Lil Uzi Vertの新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”がオフィシャルリリース | マリリン・マンソンとのコラボ曲も?

所属レーベルGeneration Nowと契約問題を抱え、一時は引退宣言を行なっていたLil Uzi Vert。先月末には“Free Uzi”がアンオフィシャルでリリースされたことも話題を呼んだが、ようやく待望の新曲がオフィシャルでリリースされることとなった。

Lil Uzi Vertの未発表曲がハッカーによってリークされ1250ドルで落札されていた事が明らかに

レーベルとの契約問題によって新作『Eternal Atake』をリリース出来ずにいたLil Uzi Vertの未発表曲が、ここ数日間の間に、何者かによってリークされていた事が明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。