【インタビュー】Cram & Budamunk by ISSUGI | Talk About Beats

今年DOGEAR RECORDSからそれぞれアルバムをリリースしたビートメイカーのCramとBudamunk。世代が違う中でも自身のビートの世界を追求してきた2人に対して、毎月7インチをリリースする前人未到の企画『7INCTREE』にも両者をプロデューサーとして招き入れたISSUGIがインタビューを...

【メールインタビュー】CYK | 若きハウス・コレクティヴが作り出す新しいグルーヴ

活動から2年弱、今旬なアーティストを招聘し続けているハウス・コレクティブ CYK。若手ながらもruralやソウルのローカルラジオ Seoul Community Radioに出演したりと精力的に活動し、常に成長し続ける彼らのパーティーは、世代関係なく東京の新しいダンスミュージックコミュニティーを作り上げている。そして次に彼らがしかけるパーティーは、Baba Stiltz、C'est Quiを迎えた、東京・大阪・韓国のアジアツアーである。

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】ShintaroとMarzyが共謀するオンラインパーティ『PLUG (24 HOURS)』

世界的ターンテーブリストのDJ Shintaro、そしてストリートを賑わせるDJのMarzyは、実はプライベート含めて親密な仲。意外な組み合わせの彼らが中心となった、24時間ブッ続けのパーティが10/6(土)昼12時からRed Bull Music Studios Tokyoで配信されることになった。

【インタビュー】Cornelius 『Ripple Waves』 | 自分の中で常に新しいものを

Corneliusが9月19日にニューアルバム『Ripple Waves』をリリースする。この作品は前作『Mellow Waves』からカットされた7インチシングルのB面曲をはじめ、さまざまな再生媒体で発表された楽曲たちをコンパイルしたもの。今回はこの作品の話題を中心に、彼が現在の音楽シーンをどのように捉えているのか質問してみた。

【Waiting Room Vol.1】Shurkn Pap | 旅は始まったばかり

FNMNLで新たにインタビューシリーズ「Waiting Room」がスタート。このコーナーでは、注目され始めたラッパーやアーティストなどをいち早くフィーチャーし、まだ知られていないキャラクターなどを解き明かしていく。

【インタビュー】legit goons | タレント揃いの韓国のシーンで我が道を歩む

分厚い層をほこる韓国ヒップホップ・シーンにおいて、2013年の登場以降、独立独歩で着実に作品リリースを重ね、認知を広めてきたクルーがlegit goonsだ。

【インタビュー】Mighty Crown | 勝ち続けられる理由

7月19日、ジャマイカ最大のレゲエ・フェス、Reggae Sumfestの一環として開催されたWorld Clash 20th Celebrationと題したサウンド・クラッシュで、Mighty Crownが見事に優勝した。

【インタビュー】KOJOE 『2nd Childhood』 | 子供のように自由に

昨年KOJOEがリリースしたアルバム『here』は、それまでKOJOEが親交のあったアーティストに加え、ライブで巡る土地土地などで出会った新しいアーティストも参加し、新境地の作品となった。 その後も順調に制作を続けたKOJOEは、わずか9ヶ月でニューアルバム『2nd Childhood』をつく...

【インタビュー】Ross From Friends | エモーションとユーモア

2010年代のダンスミュージックシーンのトレンドとなっている、ローファイなハウスシーンからそのキャリアをスタートさせたRoss From Friendsは、今年Flying Lotusが率いるレーベルBrainfeederと契約しファンを驚かせた。一瞬で決まったという契約のやりとりのスピード感そのま...

【インタビュー】MANTLE & NIPPS 『365 of MANTEE THE SEXORCIST』| 不気味カッコいい世界へようこそ

いつの時代もNIPPSの周りには刺激的な人が集まってくる。そして今、NIPPSの隣に最も多くいる男、それがDJ MANTLEだ。 代理店やスポンサー受けがいい優等生や、大衆向けに仕様変更した耳馴染みがよく刺激の全くない、まるで炭酸の抜けたコーラのようなラップが大半の中、頑なにドープなスタイルを崩さ...

【座談会】goat、悪魔の沼、パードン木村 | 山口県YCAMで語る「東京以外の話」

日本のメディアアートを牽引してきた山口県山口市のアートセンター「山口情報芸術センター(YCAM)」。そこではライヴコンサートシリーズ「sound tectonics(サウンド・テクトニクス)」が定期的に行われ、本誌に馴染みのあるアーティストでは、tofubeats、鎮座DOPENESS、環ROY、stillichimiyaなどが過去に出演した。

【インタビュー】No Music | みんながYesと言ってるときにNoと言えること

韓国・ソウルにて、ここ数年爛熟を迎えているアンダーグラウンド・クラブ・シーン。その代表的なパーティーが 新都市 - シンドシというスペースで行われている 『No Club』だ。トラップやヴォーグ・ハウスから、K-POPまで横断するスタイルは、ほかに類をみない。

【インタビュー】Heiyuu | CreativeDrugStoreの若き映像ディレクター

近年、日本の若手映像ディレクターの活躍が目立っている。CreativeDrugStore(以下:CDS)のHeiyuu(ヘイユー)もそのひとり。Heiyuuはこれまでに、CDS関連の映像や同クルーのTHE OTOGIBANASHI’Sをはじめ、BIM、in-d、dooooのソロ名義でのミュージックビデオを手がけている。

【インタビュー】Crossfaithとヒップホップ

日本を代表するメタルコアバンドCrossfaithが、最新作『EX_MACHINA』を8/1にリリースした。強烈なバンドサウンドをコアにしつつもダブステップや最新型のダンスミュージックをそのサウンドに組み込んできたCrossfaithは、今回はトラップやハードスタイルといったアグレッシブな音を昇華し...

【インタビュー】Sen Morimoto | 不確定な音楽

88risingからドロップされたMVをきっかけに大きな注目を集め、今年の5月には1stアルバム『Cannonball!』をリリースしたシカゴ在住の日本人アーティストSen Morimoto。
もっと見る