【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。

音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載されたオフィシャルインタヴューを読んでいたら、星野が「自分の思いや感覚みたいなものを音にするようになっていった」と話していて、なんとなく合点がいった。彼にとっての作曲とは、一人で自分と向き合う作業。「何が流行ってるか?」とか、「どう見られたい」とか、そういうことではなく、まず「自分の好き」を突き詰めることが前提となっているように思えたからだ。

"恋"が大ヒットした後、改めて「自分の好き」と向き合った時、彼の目の前にあったのは「ソウルやR&Bを日本人の生理で表現する」(オフィシャルインタビューより)ことだったのだろう。ここでポイントになってくるのは、「日本人の生理で表現する」という部分。彼はオフィシャルインタビューで「日本人は世界中のものを真似ではなく“日本流”にしてしまう」と話していた。では星野の考える「“日本流”のアーバンミュージック」とはどういうものなのだろうか?

その前に、まず星野が大きく影響を受けたアーティストである細野晴臣の話をしよう。細野は1stアルバム『HOSONO HOUSE』制作時の状況を語る最新インタビューで、「当時はシンガーソングライターたちが作っていた個人的なサウンドに関心があって。一方でファンク、ソウルミュージックがヒットチャートをにぎわせていて、僕は両方とも好きだったから。どちらの要素も入っているんですよね」と話していた。ちなみにこれは1970年代前半の話。情報という点については今と全く異なる状況の中で、細野は「自分の好き」を追求した結果、アメリカのフォークやファンク、ソウルに影響を受けた「“日本流”のアーバンミュージック」を想像した。そしてそれは後の『はらいそ』、『泰安洋行』、『トロピカル・ダンディー』でさらに顕著になっていく。

それを踏まえて星野の1stアルバムを聴くと面白い。特にユニークなのが"くせのうた"だ。この曲は一聴すると四畳半フォークのようなのだが、よくよく聴くとピアノはブルージーで、オルガンはゴスペル的。そして後半はなんとエキゾチカにシフトしていく。実は1stアルバムの段階で細野のメンタリティをすでに継承しており、さらにブラックミュージックに対しても自分なりにアプローチしていたこともわかる。

そもそも星野の中にあった「“日本流”のアーバンミュージック」。それが『ばかのうた』の頃とは桁違いの規模で実現できるなら……。それが今回のアルバム『POP VIRUS』なのだと思う。そもそも"アイデア"だって、"くせのうた"と同じくらいいい意味でめちゃくちゃな曲だ。

おそらく彼は1stアルバムを作っていた頃と何も変わっていない。「自分の思いや感覚みたいなものを音にするようになっていった」今作が、期せずして1stアルバムと通じてしまったことからもそれは明らかだろう。

個人的にはアルバムの中では"Present"が特に好きだ。「好き」を突き詰めるために道無き道を進む、その葛藤と決意をストリングスのアレンジを駆使して1曲の中で表現しているかのよう。

僕はアーバンミュージックの根っこにあるのは情念だと考えている。その個人の中に深く根ざしたさまざまな感情を、グルーヴに変換すること。グルーヴとは、音楽を聴いてて思わず身体が動き出してしまう、あの瞬間に感じるエネルギーの源だ。アフリカン・アメリカン以外がアーバンミュージックを鳴らす場合、表面的なテクニックを模倣するより、まず人間の剥き身になった感情を込めることが重要だと考えている。その意味で、"Present"はとてもソウルフルだと思った。

あとこれは本当にバカみたいな話だけど、今回のアルバムはカラオケで歌うと今まで以上に気持ち良さそう。でもこうして星野の音楽を紐解いてみると、それも意外と間違った感想ではないな、と思った。だってオフィシャルインタビューで「(今回のアルバムは)言葉にできない感覚をなるべく言葉と音にしていこう」と言ってたし。自分の中のもやもやを言葉で吐き出せる。しかもサウンドはソウル。グルーヴは自分で作ればいい。それも「“日本流”のアーバンミュージック」だし、まさに「POP VIRUS」な状況だと思う。(宮崎敬太)

Info

星野 源
5th Album『POP VIRUS』
2018年12月19日(水)リリース。

初回限定盤A (CD+Blu-ray+特製ブックレット) VIZL-1490 ¥5,000(+税)
初回限定盤B (CD+DVD+特製ブックレット) VIZL-1491 ¥4,800(+税)
通常盤 初回限定仕様 (CD+特製ブックレット) VIZL-1492 ¥3,100(+税)
通常盤 (CD) VICL-65085 ¥3,000(+税)

CD収録曲
1. Pop Virus
2. 恋
3. Get a Feel
4. 肌
5. Pair Dancer
6. Present
7. Dead Leaf
8. KIDS
9. Continues
10. サピエンス
11. アイデア
12. Family Song
13. Nothing
14. Hello Song

初回限定盤付属映像(Blu-ray/DVD共通)
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
1. Night Troop
2. 肌
3. 桜の森
4. Snow Men
5. KIDS
6. SUN
7. 海を掬う
8. 恋
9. プリン
10. アイデア
11. Friend Ship

・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付

初回限定盤A、B、通常盤 初回限定仕様付属特製ブックレット
ここでしか読めない5th Album『POP VIRUS』のロングインタビュー(聞き手:高橋芳朗)、星野源によるエッセイ、全曲解説のほか、撮り下ろし写真を収録

【『POP VIRUS』特設サイト】
http://www.hoshinogen.com/special/popvirus/

【ライブ情報】
星野源DOME TOUR 2019『POP VIRUS』

2月2日(土)京セラドーム大阪(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
2月3日(日)京セラドーム大阪(問)キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
2月16日(土)ナゴヤドーム(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00-18:00)
2月17日(日)ナゴヤドーム(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00-18:00)
2月23日(土)札幌ドーム(問)Mount Alive 011-623-5555(平日 11:00〜18:00)
2月27日(水)東京ドーム(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 (平日12:00〜18:00)
2月28日(木)東京ドーム(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 (平日12:00〜18:00)
3月10日(日)福岡 ヤフオク!ドーム ※「福岡」と「ヤフオク」の間は半角スペース。「!」は半角
(問)BEA 092-712-4221(月〜金11:00~18:00/第2・第4土11:00~15:00)

チケット一般発売:2019年1月12日(土)
料金:¥8,500(税込)
入場制限:4歳以上チケット必要/入場に関する年齢制限無し。ただし3歳以下のお子様でお座席を必要とする場合は、チケット必要
※チケット券面に記載のお名前の方以外はご入場出来ません。公演当日要顔写真付身分証明書。

【MORE INFORMATION】
■CD購入者対象オリジナル特典
下記対象店にて12月19日(水)発売の星野源ニューアルバム『POP VIRUS』(VIZL-1490 / VIZL-1491 / VIZL-1492 / VICL-65085)を、ご予約・ご購入の方に、先着で“星野源『POP VIRUS』オリジナルA4クリアファイル”をプレゼントいたします!

(Atype)
◆タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン

(Btype)
◆TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。

(Ctype)
◆HMV 全国各店 / HMV & BOOKS online / Loppi(全国のローソン・ミニストップ)

(Dtype)
◆Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

(Etype)
◆WonderGOO全国各店 / 新星堂全国各店 / 新星堂WonderGOO楽天市場店
(一部取扱いの無い店舗がございます。)
◆山野楽器 全国CD/DVD取扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ
◆Rakutenブックス
※Rakutenブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
◆セブンネットショッピング
◆A!SMART
◆ビクターエンタテインメント オンラインショップ
◆ネオウィング
◆ヨドバシカメラ/ヨドバシ.com
ほか

※特典の絵柄は5種類です。対象店により、絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。
※Etypeの対象店は随時追加となります。

RELATED

星野源 5大ドームツアー完走直後に最新ライブ映像とインタビューで振り返るスペシャル番組がNHKで放送決定

2月2日(土)の京セラドーム大阪からスタートした自身初の5大ドームツアーを完走した星野源。全会場即日完売、自身最大規模となる全8公演で33万人を動員し、大成功に終わったツアーの直後となる3/25(月)にNHK総合で『星野源スペシャル〜POP VIRUS ライブ&インタビュー〜』がオンエアされることが決定した。

【レビュー】dodo『importance』| 困難な生の受容と肯定をめぐる、音楽の実践

川崎でひとり活動するラッパー、dodoが『importance』をリリースした。待望のアルバムだ。2019年の冒頭を飾る重要作品と言っていいだろう。7曲入りの小品と言っていいスケールだが、彼が自負を込めて送り出した本作の濃密さは聴く者を圧倒する。まずは再生してみることを勧めたい――本人のアップロード...

星野源がファッション誌『装苑』最新号に史上初の男性単独表紙として登場

12月にリリースされたアルバム『POP VIRUS』が、オリコン週間アルバムランキング、Billboard Japan Hot Albumsで4週連続1位を獲得するなど、大ヒットを記録している星野源。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。