Chance The RapperがR. Kellyと共に曲を作ったことを「間違いだった」と発言

昨年、自身のドキュメンタリーを制作するジャーナリストに暴行を加えたことが告発されていたR. Kelly。女性への性的暴行を行なった疑惑が複数回浮上する彼について、Chance The Rapperが「一緒に曲を作ったことを後悔している」と批判している。

Chance The Rapperは『Surviving R. Kelly』と題されたR. Kellyによる性的暴行の被害者を追ったドキュメンタリーシリーズの最新話に登場。2015年の楽曲“Somewhere In Paradise”にてコラボを行なったことについて、彼は「R. Kellyと曲を作ったのは間違いだったよ。告発してる人たちを尊重しなかったんだ」と後悔の念を露わにした。「俺たちは黒人男性が受けている抑圧に対して過敏になるようプログラムされていて、それは全てのメディアに行き渡っている。黒人が警察に殴られているのを見たとき、それは全て男性だ。多くの人が奴隷になっていたのに、男が鎖に繋がれている様子が想像される。でも黒人の女性は世界的に見てもより抑圧されて、暴力を受けていたんだ。多分、俺も告発を行なっている人が黒人の女性だったから彼らを尊重しなかったんだと思う」と語る彼は、自身が黒人女性が受けている差別や抑圧を軽視する価値観を内面化していたことに気づき反省しているようだ。

『Surviving R Kelly』にはJay-Z、Lil Kim、Mary J. Blige、Erykah Baduなどの出演も予定されていたが、全員がオファーを辞退してしまったことが伝えられている。そんな中、地元シカゴの大物に対して臆さず批判を行い自身の価値観についても反省を行うChance The Rapperの態度は賞賛に値するだろう。

次第に明らかになってゆくR. Kellyによる性的暴行の実態だが、本人によるリアクションは今後あるのだろうか?

RELATED

Erykah Baduがライヴ中にR. Kellyを擁護したことで批判を浴びる

ドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の放送によって性的暴行疑惑の全貌が明らかとなったR. Kelly。当然音楽シーンの内外から彼に対する批判、そして追放を呼びかける声が巻き起こっているが、先日Erykah baduが彼を擁護する発言を行ったことで非難されている。

Sony MusicがR. Kellyと完全に決別しレーベルカタログから彼の作品を削除

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Suyrviving R. Kelly』の公開以来多方面から告発や批判を受け、音楽業界から干されつつあるR. Kelly。今回、彼のキャリアを終わらせる決定的な一打となり得る決断をSony Musicが下したことが明らかとなった。

Chance The Rapperが支持を表明したAmara Enyiaのシカゴ市長選活動に40万ドルを寄付

昨年、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を明らかにしたことに対し、喜びを露わにするとともに次の市長選の立候補者Amara Enyia氏の支持を表明したChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。