98年生まれの若手写真家 青木柊野の個展『luminous body’s』がzakura photo concept shopにて開催

若手写真家・青木柊野が個展「luminous body’s」を11月6日(火)から12月1日(土)の期間、東京・渋谷のzakura photo concept shopにて開催する。

1998年生まれの青木柊野は若手ながら、UNDERCOVERの撮り下ろしやMOOSIC LABのメインビジュアルを担当するなど幅広い業界で活躍。同時に自身の作品を手がけており、昨年はZINE『shell』の発刊、みどり荘と湘南蔦屋書店での展示を行った。

二度目の個展となる本展では、16歳から19歳までに撮影した作品をまとめた写真集『LUMINOUS BODY』を元に、イメージを繰り返し複製する事で、一つの像にもたらす変化、そして「写真の本質とは何か」という疑問を投げかけている。

初日となる6 日(火)にはオープニングパーティーを、16 日(金)には池谷修一(編集者)を招きトークイベントを開催予定だ

Info

青木柊野 「luminous body's」

会場:zakura photo concept shop

東京都渋谷区桜丘町 14-5-103

https://www.zakura.tokyo/

会期:11 月 6 日(火)~12 月 1 日(土)13:00~19:00( 日、月曜日は休館)

*11 月6 日(火) 19:00~ オープニングパーティー

 11 月16 日(金)19:00~21:30 トークイベント 対談:池谷修一(編集者)

 要予約・¥500 1drink

RELATED

Frank Oceanともコラボした中国の現代写真家の任航(レン・ハン)が死去

中国を代表する若手現代写真家の任航(Ren Hang)が死去したと多くのメディアが報じている。死因は自殺とみられている。

クリエイターとしてのフォトグラファーへのメッセージ「スマホの時間よりカメラを持つ時間を増やせ」

「インターネットのせいであなたのクリエイティヴィティは不感症になっているんじゃないか?」と著者A.B Watsonは問いかける。

誰よりもスタイリッシュな男は家を持たない?ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』

ミニマル主義が進む中、『365日のシンプルライフ』等それを加勢するドキュメンタリー映画も増えてきている。そして今年も新たにシンプルな生活を好む男を捉えたドキュメンタリー『ホームレス ニューヨークと寝た男』が公開されるのだが、これがまた異色過ぎる。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。