食品まつり a.k.a foodmanがNYのレーベルPalto FlatsからEP『Moriyama』をリリースへ

名古屋を拠点に活動するプロデューサーの食品まつり a.k.a foodmanが、9月のアルバムリリースに続き、11月に早くもEP『Moriyama』をリリースするとアナウンスした。

自身の拠点となる地名を冠した新作は、先行公開された"Mizuburo"など5曲を収録。

実験性と遊び心溢れるサウンド選びは相変わらずながら、よりディープでリズミックなビートに心地よいシンセパッドが入り混じりアンビエントサウンドとグルーヴが強調された作品になっている。

今作は、高田みどりやマライア、清水靖晃など、現在欧米を中心に大きく再評価され注目を浴びている日本人アーティストの作品を多数リイシューしてきたNYのレーベルPalto Flatsからリリース、日本産のエレクトロニックミュージックに注目が集まる中、食品まつりは今年に入って3度目となる米国公演も決定するなど、食品まつりの活動に熱い視線が注がれている。

国内では、アルバムをリリースしたばかりのTOYOMUとの共同イベントを12月22日に東京・恵比寿のKATA & Time Out Caféで開催、また11月30日・12月1日に開催される京都の都市型フェス『MAZEUM』にも出演が決定している。

Info

Moriyama
by食品まつり a.k.a foodman
フォーマット:アナログEP、デジタル
発売日:2018年11月16日(米国先行発売)、2018年11月23日(欧州ほか、デジタル)
※アナログEPの日本国内発売は後日発表

<トラックリスト>
Side A:
1. Mizuburo
2. Kishimen
Side B:
3. Nanika
4. Soudesu
5. Tokai Desu

食品まつりとTOYOMUの爆裂大忘年祭

出演:食品まつり a.k.a foodman / TOYOMU  and more!(※追加出演者は追ってご案内します。)

日程:2018年12月22日(土)
会場:KATA / Time Out Café & Diner(両会場共に恵比寿リキッドルーム2F)
時間:OPEN / START  18:00

料金:前売¥2,500 (ドリンク代別)/ 当日¥3,000(ドリンク代別)
チケット購入はこちらから:https://daibonensai.stores.jp/

お問い合わせ:Traffic Inc. / 050-5510-3003 / https://bit.ly/2J4fTSi / web@trafficjpn.com
主催・企画制作:Hostess Entertainment / Traffic Inc.

related

D.A.N.が昨年リリースのシングル3曲の食品まつり a.k.a foodman、Mogwai、Airheadによるリミックスを連続リリース

ライブ映像の公開や配信イベントの解禁など精力的な活動を続けるD.A.N.が、昨年リリースのシングル3曲のMogwai、Airhead、食品まつり a.k.a. foodmanによるリミックスバージョンを5月23日(土)より3週連続リリースする。

延期となっていたHOMESHAKEの振替公演が12月に開催決定 | スペシャルゲストには食品まつりが決定

カナダ・モントリオールのシンガーソングライターHOMESHAKEは3月に開催される予定だった来日公演が新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため延期となっていたが、本日振替公演の日程が発表となった。

D.A.N.がワンマン公演『Strand』を東京・大阪で開催 | サポートアクトで食品まつりが登場

D.A.N.が、5月に東京と大阪でワンマン公演『Strand』を開催すると発表した。 これまで不定期で行う自主企画『Timeless』では、LAからMndsgn、UKからJamie Isaacなど海外アーティストを招聘して開催してきたD.A.N.。東京は渋谷・WWWX、大阪は梅田 CLUB Q...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。