Suge Knightの息子が突如「2Pacはマレーシアで生きている」と主張

1996年に銃撃された後、多くの陰謀論や生存説がまことしやかに囁かれて来た2Pac。そんな彼が生前所属していたDeath Raw Recordsの設立者Suge Knightの息子が、「2Pacはマレーシアで生存している」との主張を行なっている。

Suge Knightの息子は先日10月2日より、自身のInstagramにて突如「2 Pacのニューアルバムが制作されている」と投稿

続けて、Photoshopで作ったと思われる2 Pacと50 CentやBeyonceとのツーショット写真もアップロードし、あたかも2 Pacが生きていて彼らと写真を撮っているかのように見せようと試みている

頭がおかしくなったかハイになったと思われても仕方のない言動だが、当の本人は「俺はドラッグをやってるわけじゃない」と述べているため、至って真剣なようだ。

2Pac生存説は周知の通り長い間唱えられ続けており、かつてはキューバで生きているという説がポピュラーであった。2Pacが生きているかどうかはともかく、Suge Knightの息子はどうしてこのような主張を始めたのだろうか?

RELATED

Suge Knightに28年の収監の判決が下る | 2015年に『ストレイト・アウタ・コンプトン』の撮影現場で起こしたひき逃げ殺人事件で

悪名高いDeath Row Recordsの創立者で、ヒップホップシーンに強い影響力を保持してきたSuge Knightもついに観念したのだろうか。

2Pac殺害事件の犯人を知っていると元ギャングが告白

死後20年が経過しても今なお言及され続けるヒップホップシーンのレジェンド2Pac。ラスベガスで銃撃を受け殺された2Pacだが、懸命な捜査にもかかわらずこの事件の犯人は未だに逮捕されていない。

ジョニー・デップがNotorious B.I.G.の殺人事件を追う映画『City of Lies』の予告編が公開

以前一度伝えた、ジョニー・デップがLA市警の元刑事で探偵の Russell Poole役となり、ヒップホップ史上最大の未解決事件であるNotorious B.I.G.の殺人事件を追う映画『City of Lies』の予告編が公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。