2Pacについての発言でバッシングを受けた民主党のハリス副大統領候補を彼の遺族が擁護

アメリカでは先日、大統領選に向けた副大統領候補同士の討論会が行われた。トランプ陣営のマイク・ペンスとバイデン陣営のカマラ・ハリスとの討論は大きな注目を集めたが、同時にハリス副大統領候補がとある発言をきっかけに、また別の話題を呼んでいた。

ハリス副大統領候補は以前「2Pacは今生きている中でお気に入りのラッパー」と発言しており、当然2Pacは1996年に命を落としているため各所から突っ込みを入れられることとなった。これを受けてトランプ側の選挙運動顧問が「ハリス上院議員のお気に入りのラッパーTupac Shakurのライブのチケットを取っておきますよ。私は個人的にはBiggieのファンなのですが、もし彼がまだ生きているのならば、我々はチケットを取るでしょうね」と揚げ足を取る、といった珍事にも発展。

彼女が実際には2pacのファンでは無いのではないか、という見方が広がる中、Complexによると今回、2Pacの義理の兄弟であるMopreme Shakurがハリス副大統領候補を擁護した。

彼は「私たちは、トランプが黒人やブラウンのコミュニティに対して敬意を欠いていることを知るべきです」とトランプを批判しており、またハリス上院議員の揚げ足を取る形で「2Pacのライブのチケットを用意する」と発言したトランプ陣営の選挙運動顧問に対しても「遺族への無礼である」と抗議の意を示している。一方でハリス副大統領候補については「副大統領候補が良い音楽の趣味を持っていることは喜ばしい」と述べているほか、「彼女はオークランド出身なので、2Pacのファンであっても不思議はありません」とも語っている。

ハリス副大統領候補の2pacについての知識がどれほどの物なのかは分からないが、少なくとも2Pacの遺族にとっては彼女が2Pacの音楽を聴いていることは喜ばしいことであるようだ。大統領選の展開にも引き続き注目である。

related

民主党のハリス副大統領候補が「2Pacは生きている中でお気に入りのラッパー」と発言したことについてトランプ陣営が揚げ足を取る

11月3日の大統領選挙が迫るアメリカ。先日はトランプ現大統領とバイデン候補との討論会が「史上最悪の候補者討論会」として世界中で物議を醸したが、本日はマイク・ペンス現副大統領と民主党のカマラ・ハリス副大統領候補との討論会が行われる。そんな中、トランプ陣営とハリス副大統領候補との間に何故か2Pacの話題が浮上しているようだ。

2Pac出演の名作『JUICE』初のBlu-ray&DVD化が決定

2Pac出演の1992年製作の映画『JUICE』の、日本初Blu-ray&DVDが5月8日(金)に発売される。

2Pacのアルバム『Me Against the World』の25周年を記念してLPが再発

2Pacが1995年3月14日に発売し、全米チャート1位に輝き、ダブル・プラチナを獲得した名盤『Me Against the World』。発売から25周年を記念して、180グラム重量盤の2LPが本日再発された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。