Chief Keefが現在のシーンに与えたインパクトを解説する動画が公開

デビュー以来現在のラップシーンに多大な影響を与え続けているシカゴのラッパーChief Keefを特集したビデオがGeniusにて公開された。

Chief Keefはシカゴ発のトラップのサブジャンル「ドリル」の代表的なアーティストの一人であり、そのモゴモゴとしたラップのスタイルや凶悪なビート、ローファイなMVなどはシーンに大きな影響を及ぼした。

動画はChief KeefのデビューからKanye Westによるフックアップを経てブレイクしてゆく過程や、「Squad」というアドリブや「opp」といったスラングが後のラッパーに踏襲されていることなど、彼の功績を説明したものとなっている。

Chief Keefは自らをマンブルラップの創始者と名乗っていたが、実際にいわゆるマンブルラッパーにカテゴライズされているラッパーにChief Keefからの影響を口にするものは多い。動画にはLil Uzi VertやYBNクルーのメンバーがChief Keefから影響を受けたと発言する様子が収録されている。

先日イギリス政府によって規制が行われたことも話題となったUKドリルシーンもChief Keefがいなくては成立し得なかったものであり、彼のスタイルが世界に広まっていることがよく分かる。

Chief Keefを今まで聴いたことがないという人や、もしくは彼のファンだという人も、動画を観て彼の功績を再確認してみてはいかがだろうか。

RELATED

大学構内のパーティでChief Keefの"Fanetoがプレイされ客がぶち上りすぎて床が抜ける

パーティでアンセムや好きな曲が掛かった際、バイブスが上がるあまり暴れてしまう人もいるだろう。しかし、時には自制心を保つことが必要になる場合もあるようだ。

Chief Keefがホログラムでツアーを行う予定

Chief Keefといえば、アメリカ・シカゴを代表するラッパーの1人であり、これまで数々の警察沙汰を起こしてきたことは周知の事実であろう。そして、彼はその自身が起こした数々の警察沙汰のせいで、世界中の色々な街から出禁を食らっている。

6ix9ineがシカゴでホームレスになどに食料を支給しChief Keefなどを挑発

6ix9ineは、Chief Keefとその従兄弟のTadoeとのビーフをきっかけに、現在シカゴの多くのラッパーたちを敵に回してしまっている。そんな彼がいわばアウェーであるシカゴに乗り込んできた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。