UKドリルのミュージックビデオが暴力的だとして警察当局の申し立てによりYouTubeから削除される

Chief Keefなどシカゴのラップミュージック=ドリルの影響を受け、UKで独自に進化したUKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されてしまった。

これはもちろんアーティスト側が自主的に削除したのではなく、ロンドン警視庁がミュージックビデオに暴力的な表現や暴力を促す箇所があるとして、YouTubeに50~60本のビデオの削除を申し立て、そのうち30本が削除されたという。

The Guardianによれば、ロンドン警視庁はミュージックビデオを使ってギャング達が威嚇し合っていると推測しているということで、担当者はBBCの取材に対して「ギャング達はお互いに威嚇しあう言葉をミュージックビデオを使って送りあっている」と述べている。警察によればそれにはリリックの他に、殴ったりするような仕草や銃火器を放つようなハンドサインも含まれているという。

警察はロンドンで増加するギャングの犯罪に、ドリルミュージックの影響があるとみており、「彼らは喜びや興奮をこめて非常に詳細に人を刺すことをリリックで述べている。また女性に対する極度の暴力についても語っている」とLBC Radioに対しても担当者は語っている

YouTube側の担当者はYouTubeのポリシーに則ってナイフでの犯罪に関連するビデオの問題に警察と共に取り組んでいくと発表している。

これに対してビデオが削除されたクルー1011は、YouTube上のビデオの削除に抗議する署名をスタートし、警察にターゲットにされておりYouTubeをプロモーションで使用できなくされようとしているという主旨の生命を出している。

 

 

RELATED

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

Jackmasterが危機に瀕するイギリスのクラブシーンについて語る | 「シーンに根付いたクラブがなければ、クラブミュージックは終わってしまう」

イギリスでは近年、クラブミュージックシーンにしっかりと根付いていた、クラブがことごとく閉鎖されてしまっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。