Snoop Doggが映画撮影中に小道具のマリファナを本物にすり替えたとマシュー・マコノヒーが明かす

自身でもウェブメディアなどを立ち上げマリファナを啓蒙してきたSnoop Doggだが、どんなチャンスでも逃さないようだ。

ハーモニー・コリン監督の最新作でザック・エフロンなどが出演する『The Beach Bum』に登場するマシュー・マコノヒーが、人気番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演した。

映画のワンシーンでマリファナを吸うシーンがあったマコノヒーだが、共演しているSnoop Doggにあるトリックをしかけられていたと話す。「Snoopとのシーンで、おれはその時に壁にぶち当たっていて、Snoopは魔法のマリファナを持っていたんだ。おれは小道具のところに行って、小道具のマリファナを持っていったんだ。それはボロボロのオレガノみたいだった」とマコノヒーは小道具のマリファナを持って行ったと明かす。

そしてそのシーンを撮り終わった後にSnoopはマコノヒーに対して「よう、Moondog (マコノヒーの役名)、お前が吸ったのは小道具のマリファナじゃないよ、それはSnoopのマリファナだ」と小道具ではなく本物を吸わせたと述べている。それに対しマコノヒーは「おう、やられたよ」と応じたと話し、その後の撮影時間はとても楽しかったと振り返っている。

RELATED

Snoop Doggがハリウッドウォークオブフェームのパネルに名前を刻まれ、「俺は俺自身に感謝したい」とコメント

ハリウッドの著名な俳優、映画監督、アーティストなどの名前が刻まれたパネルが配置された歩道「ハリウッドウォークオブフェーム」に、Snoop Doggのパネルが追加された。

Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並並ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

タイが医療用マリファナの合法化へ向けて前進│実現すればアジア初の容認国へ

今月半ばにカナダで娯楽用のマリファナが解禁されるなど、大麻合法化の波が世界中に広がりつつある。アジアでは未だ大麻が合法の国は無いというのが現状だが、そんな中タイがアジアで初めて医療用大麻の合法化に乗り出していることが報じられている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。