伝説のヒップホップ番組『Yo!MTV Raps』の30周年を記念して一夜限りのスペシャルイベントを開催

MTVでヒップホップブームの火付け役となった伝説的番組『Yo!MTV Raps』が帰ってくる。

過去にこの番組では、今では伝説的なラッパーとなっているこ2PacやWu-Tang Clan、Notorious B.I.Gなどがパフォーマンスを行い、90年代のヒップホップ黄金期を支えた。

そして今回、『Yo!MTV Raps』は30周年を迎えるということで過去の黄金時代を造り上げたラッパー達が出演しBarclays Centerでトリビュートイベント開催するとアナウンスした。

Big Daddy KaneやEric B. and Rakim、Boogie Down Productions、the Pharcydeなどの当時のヒップホップシーンを代表するアクトが出演することをMTVは約束している。

また番組の司会を務めたFab 5 Freddy、Ed Loverなどもイベントには出演する。復活するにあたって、番組のMCの1人であるDJ SkiribbleはRolling Stoneのインタビューでこのように語っている

「この番組の本当のスターは、『Yo!MTV Raps』っていうブランドとそれを象徴するアーティストたちだよね。そして、全ての伝説的なラッパー達が、この番組を通してキャリアをスタートさせたり、自分たちをメインストリームにしていった」と番組の影響力の大きさを述べた。

MCの1人であるDoctor Dreは「『Yo!MTV Raps』はヒップホップというものを全世界に知らしめた。南アジアからペルー、アルゼンチン。南極でもYo!MTV Rapsは見られていたんだよ!俺はアフリカのいろんな国からメールをもらったよ。「ワカンダ」も含めてね」とジョークも交えて語った。

90年代とはまた違う形で黄金時代を迎えているようにみえる現在のヒップホップシーンにおいて、一夜限りとはいえ伝説的な番組の復活は喜ばしいニュースだ。

 

RELATED

フロリダの若手ラッパーProject YounginがInstagram Live中に銃撃される

先日XXXTentacionが銃撃されて殺害されたフロリダで、またしても痛ましい事件が起きてしまった。

逮捕されたラッパーが自身のリリックを根拠に通常より重い判決を下される

ストリートでのリアルな経験を歌うことはある種のラップにおいて重要な要素の一つだが、それらが行き過ぎたためにシリアスなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるようだ。

議員に立候補した元ラッパーの過去のリリックが問題に

楽曲の中で政治的な主張を行うラッパーはコンシャスラッパーと呼ばれ、ヒップホップシーンに数多く存在している。しかし、もしもそのようなアーティストが政治家を目指して活動する場合、過去の楽曲の内容が問題になってしまうこともあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。