TDEがLAの子どもたち1000人を映画『ブラックパンサー』に無料で招待

TDE(Top Dawg Entertainment)のレーベルオーナー・Anthony “Top Dawg” Tiffithは、TDEとKendrick Lamarがサントラを手がけた映画『ブラックパンサー』の上映に、今週末にLAのWatts地区に住む約1000人の子供たちを無料で招待する予定であるとTMZが報じている。

TDEとInterscope Recordsはこの共同プロジェクトで、3つの異なる劇場から5つの上映回を買い取り、Wattsの住宅団地プロジェクトがサポートする1000人の子どもたちに『ブラックパンサー』を観る機会をプレゼントするようだ。彼らにはバスによる送迎も行われる予定とのこと。

TDEのオーナーであるAnthony “Top Dawg” Tiffithは、ロサンゼルスの犯罪多発地帯とされるWatts地区において3つの住宅団地プロジェクトを行なっている。そして、これらのプロジェクトに参加する子どもは全員、プロジェクトのオフィスを訪ねることで『ブラックパンサー』の座席を確保できることになっている。

イギリスのThe Gurdianによれば、『ブラックパンサー』は公開初日の2月13日に267万ポンド(4億円以上)を売り上げており、2018年のイギリスにおける公開日の興行収入の最高を記録しているという。アメリカでは2月16日、日本では3月1日が公開予定となっており、アメリカでは歴史的なヒットになることも予想されている。

RELATED

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの「いっぱいあるシリーズ」にKendrick lamarが加わった。

DESCENDENTSの7年ぶりの来日を記念してドキュメンタリー映画『FILMAGE:THE STORY OF DESCENDENTS/ALL』の特別公開が決定

70年代末から活動を開始し、80年代のハードコア期、90年代以降のメロコア時代と40年以上に活動を続けてきたバンドDESCENDENTS/ALL。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。