平昌オリンピックでスロベニア代表のスノーボーダーが「#FreeMeekMill」と書いた板で出場

MUSIC  2018.02.14  FNMNL編集部

先日、Meek Millの地元のNFLチーム、フィラデルフィア・イーグルが初制覇を果たし、入場曲として使われた"Dreams&Nightmares"が再び、トップチャートに返り咲いたとこは、以前FNMNLでも紹介した。Jay ZやコメディアンのKevin Hartなども服役中のMeekへのコメントを行っていて、応援する声は止まない一方だ。そして、なんとその応援の声は思わぬところでも確認できる。

その舞台となったのは、2/9に開幕した韓国で行われている平昌オリンピック。2/13に行われたスノーボード競技で男子ハーフパイプにおいて19歳のスロベニア代表が出場し、その板には"#Free Meek Mill"とペンで書かれていた。

 

 

この選手は、スロベニア代表のTit Sante選手。クラブミュージックに造詣があるようで、彼のインスタグラムの投稿にはSteve Aokiとの写真を投稿している。

スーパーボウルに続きオリンピックでも#FreeMeekMillのムーブメントは世界規模で見られるということだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE