平昌オリンピックでスロベニア代表のスノーボーダーが「#FreeMeekMill」と書いた板で出場

先日、Meek Millの地元のNFLチーム、フィラデルフィア・イーグルが初制覇を果たし、入場曲として使われた"Dreams&Nightmares"が再び、トップチャートに返り咲いたとこは、以前FNMNLでも紹介した。Jay ZやコメディアンのKevin Hartなども服役中のMeekへのコメントを行っていて、応援する声は止まない一方だ。そして、なんとその応援の声は思わぬところでも確認できる。

その舞台となったのは、2/9に開幕した韓国で行われている平昌オリンピック。2/13に行われたスノーボード競技で男子ハーフパイプにおいて19歳のスロベニア代表が出場し、その板には"#Free Meek Mill"とペンで書かれていた。

 

 

この選手は、スロベニア代表のTit Sante選手。クラブミュージックに造詣があるようで、彼のインスタグラムの投稿にはSteve Aokiとの写真を投稿している。

スーパーボウルに続きオリンピックでも#FreeMeekMillのムーブメントは世界規模で見られるということだ。

RELATED

DrakeのライブにMeek Millが登場しビーフが終結 | 「精神の平和を感じた」とDrakeはコメント

ゴーストライター問題などを巡って2015年より続いたDrakeとMeek Millのビーフ。その後Meek Millの逮捕を受けてDrakeが彼をサポートしたこともありビーフの終了がMeek Mill側からアナウンスされていたが、今回ついに二人の公の場での共演が実現した。

Meek MillがDrakeとのビーフが終了したと宣言しコラボする可能性を示唆

2015年以来ビーフを続けていたDrakeとMeek Millの二人だが、先日とうとうMeek Mill側からビーフの終了がアナウンスされた。

Meek Mill釈放までの軌跡

勾留が続いていたフィラデルフィア出身のラッパーMeek Millがついに昨年11月以来5ヶ月ぶりに出所した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。