フィラデルフィア・イーグルスが優勝後、登場曲にしていたMeek Millの"Dream & Nightmares"のリリックページがビューワー数急上昇

2/4にNFLの今年度のチャンピオンを決める第52回スーパーボウルが開催された。初制覇を目指すフィラデルフィア・イーグルスは、登場曲を同郷のラッパーで収監中のMeek Millが2012年にリリースした"Dream & Nightmares"を起用したことで話題となった。

試合の結果、イーグルスが41-33で勝利、イーグルス優勝の効果が相まって、"Dream&Nightmares"のリリックの閲覧数が204%も上昇したとGeniusが報じている。

アメリカのプロフットボールリーグであるNFLは、NBAと対をなすアメリカで最も人気のプロスポーツリーグであり、1億人以上のファンがアメリカ全土で毎週の試合に噛り付いている。

今年、スーパーボウル初制覇を果たしたペンシルバニア州フィラデルフィアに本拠地を置くNFLチーム、フィラデルフィア・イーグルス。初制覇に地元のフィラデルフィアでは、ファンは大いに沸き、車を横転させたり、ホテルの軒先の屋根を壊したり、みんなが外に出て、初制覇の喜びを分かち合っていた。

 

 

Geniusによると、"Dream & Nightmares"のリリックのビューアー数は土曜の1日当たりビューワー数3712だったのが、優勝後の日曜日には、1万1267まで上昇し、204%の上昇率を叩き出した。2/6付けではさらに上昇し、1万2000以上のビューアー数を達成したという。イーグルスの優勝効果はGeniusのビューアー数だけにとどまらなかった。"Dream & Nightmares"は、Spotify上でMeekの人気曲に載り、iTunes Top Songチャートの21位にまで押し上がった。

 

今回のような事例は、初めてではない。昨年、Meekが懲役4年を宣告された時、多くのファンがフィラデルフィアの刑事司法センターにつめかけた時のことだ。判決に不満を持ったファンは、センターの前で同曲を合唱し続けた。

 

Meekからのスーパーボウルへのコメントはまだ発表されていない。地元フィラデルフィアから愛するラッパーは、イーグルスだけでなく、チームのファンにとっても同じだ。地元チームの優勝の瞬間をMeekと一緒に見届けられなかったことは、唯一の心残りだろう。

RELATED

Meek Millが他人を撮影した動画をSNSに投稿する行為に苦言を呈する

先日、SNSに疲れInstagramのアカウントを削除したMeek Mill。それから一ヶ月と経たずInstagramアカウントを復活させた彼が、他人を撮影しSNSに投稿する行為に苦言を呈している。

Meek Millが自身のInstagramアカウントを削除

多くの現代人にとってSNS、特にInstagramは無くてはならないものになっていると言えるだろう。しかし、その一方で他人の幸せな瞬間が逐一画面上に映し出されるのに疲弊感を覚える人が多いのも事実だ。Meek Millもその疲弊感を覚える内の1人のようで、ついに自身のInstagramアカウントを削除してしまった。

フィラデルフィアでMeek Millを讃える記念日が制定される

長い間不当な拘留を受け続け、釈放された後にはJay-Zらと共に刑事司法制度改革のための運動を積極的に行なっているMeek Mill。彼の出身地フィラデルフィア、そしてペンシルバニア州は以前より彼の運動を支持することを公式に発表していたが、なんと今回フィラデルフィアでMeek Millにちなんだ記念日「Meek Mill Day」と「Meek Mill Weekend」が制定されたことが公式に発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。