Travis Scottが地元ミズーリシティの市の鍵をプレゼントされる

先日ガールフレンドのKylie Jennerとの間に第一子となる長女が誕生したTravis Scottが、今度は地元テキサス州のミズーリシティから、ビッグなプレゼントを受け取った。

Travisは土曜日にミズーリシティの地域センターを訪問した際に、Allen Owen市長から、近年の活躍を祝して市の鍵をプレゼントされた。市の鍵とは大きな功績を残した市民や、特別なVIPなどに贈られる名誉賞だ。

??? open Doors. 2/10/18 La flame for the youth. Astro ?

flameさん(@travisscott)がシェアした投稿 -

Travisの盟友のChase Bは「2/10はミズーリシティはTravis Scottの日になった。不可能なことはない」と賞賛している。

市の鍵はTre Tha TruthやBun Bなどのベテランラッパーが授与されることはあったが、Travisのような若手ラッパーがもらうことは珍しい。

RELATED

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Travis Scottがマジックにびっくり

ニューアルバム『Astroworld』が全米チャート1位を獲得し、名実ともにシーンを代表するラッパーになりつつあるTravis Scott。

Travis Scottとの曲作りをKevin Parkerが語る|マリファナの煙が充満し人生最大の音量で音楽が流れる

待望のニューアルバム『ASTROWORLD』をリリースしたTravis Scott。アルバム制作中、曲作りのためにスタジオにたくさんのミュージシャンを呼んでいたそうだが、そのうちの一人がTame ImpalaのKevin Parkerであった。今回のアルバムの収録曲”Skeletons”の共同作曲者でもあるKevin Parker、BillboardのインタビューでTravis Scottとの楽曲制作について語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。