Kendrick Lamarのライブがスマートフォンなどでの撮影が禁止に

アメリカのラッパーのライブムービーなどを見ると、観客が掲げるスマートフォンの無数の光が、まるで新種の照明のような効果を果たしているときがあるが、Kendrick Lamarのライブでは、その光は一切見れなくなるようだとGuardian紙が伝えている。

GuardianによればThe White StripesのJack Whiteが、自身のツアーでスマートフォンでの撮影を禁止させ、観客にスクリーン越しではなく、生のライブを体感させようとしているのに続き、Kendrickもライブ中のスマートフォンでの写真やムービーの撮影を現在開催中のヨーロッパツアーから禁止させているとのことだ。

Kendrick側は撮影を禁止することでアーティストのブランドの価値を守ることと、ライブのチケットの販売促進を目論んでいるということだ。さらにKendrickは、観客のスマートフォン撮影だけでなく、プロカメラマンすらもステージに上がるのは禁止している。しかしマネジメントが許可をした数人のオフィシャルカメラマンは、北米ツアーのときは帯同していたようだ。

現在のヒップホップシーンのトップアーティストであるKendrickの、この措置は他のラッパーにも影響を与えるだろうか。

 

RELATED

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。