DiploがKim Kardashianの格好をマネたパロディ写真を投稿

Kim KardashianがYEEZY SEASON 6のアイテムを身に着けたルックが公開されたが、これをDiploがモノマネをして話題になっている。

昨年末発表された、Kanye WestのYEEZY SEASON 6の最新コレクション。それに伴い、Kanyeの妻であるKim KardashianがYEEZY SEASON 6のアイテムを身に着けているルックが公開された。今回発表された最新のスニーカーを履くKim Kardashianの、街を歩く姿や車から出る瞬間などを撮った「パパラッチに撮影された風」の写真となっている。世界各地に突如この写真が張り出されたことや、Paris Hiltonなどの有名海外セレブ達が、彼女の格好を真似てクローン化するキャンペーンなどで注目された。

So much fun being a #KimClone in the new #YeezySeason6 campaign. ?

Paris Hiltonさん(@parishilton)がシェアした投稿 -

このKim Kardashianの「パパラッチに撮影された風」シリーズを、DiploがマネしてSNSに写真を投稿。

白金色の長髪のカツラをかぶり、Kim Karadashianそっくりの格好をし、同じくパパラッチに撮影された風の写真を複数投稿したDiplo。Kim Kardashianを茶化すようなこの皮肉な投稿はSNSで大ウケとなった。

#yeezyseason6

diploさん(@diplo)がシェアした投稿 -

これに対してKim Kardashianもtwitterで反応。大笑いしている絵文字を投稿。本人もこのパロディは面白いと思ったようだ。

SNSできわどいジョークを言うことを恐れないDiploは、以前R.Kellyのセックスカルトが報道された際も「R.Kellyのセックスカルト会員になりたいから履歴書を送った」とツイートして炎上している。

DFCC3VvU0AAEclf

RELATED

DiploがZeddに対し「24時間以内にTwitterアカウントを消さないとPusha Tのようにディスする」と宣戦布告

ヒップホップシーンでは年がら年中様々なビーフが繰り広げられているが、ダンスミュージックシーンにおいても因縁のビーフがある。それはDiploとZeddだ。

DiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityのデビューシングル"Only Can Get Better"が公開

共にDJやプロデューサーとしても世界トップクラスの人気を誇るDiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityが、デビューシングル"Only Can Get Better"を公開した。

『デッドプール2』のサントラからDiplo、Lil Pump、French Montana、Zhavia Wardによるコラボチューンがリリース

6/1(金)に日本でも公開される映画『デッドプール2』のサントラから、Diplo、Lil Pump、French MontanaにZhavia Wardが参加した楽曲"Welcome to the Party"がリリースされた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。