Kanye WestのYeezyが新型コロナウイルスの影響を受け200万ドル以上の融資を受けたことが判明

先日はGAPとのコラボレーションが発表されるなど好調な様子を見せているKanye WestのブランドYeezy。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックによりファッションブランドを含む多くの企業が経済的な打撃を受ける中、Yeezyが経営を維持するために多額の融資を受けていたことが報じられている。

Complexによると、今週月曜日にアメリカの中小企業庁(SBA)がパンデミックによって引き起こされた経営難によって従業員を解雇する必要が無いよう中小企業を保護する給与保護プログラムを通じ、Yeezyに200万ドル(約2億1500万円)以上の融資を行なったことを発表。こちらの融資は適切なコストのために使用されている場合返済を免除されるが、フルタイムでの仕事を中止した場合、もしくは給与の25%をカットする場合免除が取り消されるという仕組みになっている。

Yeezyが融資を受けたことはSBAが融資を申請した企業のリストを公開したことによって明らかになった。このリストは本来機密とされる予定だったが、民主党議員数人の要請によりプロセスの透明性を担保する目的で開示が行われたという。

またSBAの見解によると、今回の融資によってYeezyの従業員106人の雇用が守られる結果となったそうだ。

Travis Scottとのコラボ曲“Wash Us In The Blood”をリリースし話題をさらった後に、かねてより意欲を示していた大統領選への出馬を本格的に表明し世界を騒然とさせたKanye West。その一方で、自身のブランドの運営は適切に行っている側面が窺えるニュースであった。

related

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。