GapがKanye Westとパートナーシップを締結 | コラボコレクション『YEEZY Gap』をスタート

GapがKanye Westとのパートナーシップを締結し、2021年からコラボコレクション『YEEZY Gap』がスタートする。

Kanyeは10代の頃にGapストアで働いていた時期があり、楽曲"Spaceship"でもその時のことを歌っている。そうした縁もあり今回のパートナーシップではKanyeの持つ高いクリエイティビティやファッションにおけるリーダーシップ性と共に、Gapが51年間積み上げてきた専門知識やノウハウ、ブランド認知度など、双方の強みを最大限に活かして推進していく。Kanyeのクリエイティブディレクションの元、メンズ、ウィメンズ、キッズ向けのアイテムを手の届きやすい価格帯で展開する。

Gapのグローバルヘッドのマーク・ブレイトバードは、「カニエがクリエイティブ界の⻤才としてGapファミリーに再び加わることをとても嬉しく思います。彼のYEEZYブランドの世界観とその成功を基盤に、一歩先を行くリテールパートナーシップを共に定義します。」とコメントしている。

related

Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

Kanye Westが大統領選出馬のための書類を提出し正式にオクラホマ州で大統領候補に登録

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を宣言したKanye West。Forbesのインタビューにて人工妊娠中絶とワクチンの撤廃を呼びかけ非難を浴び、また手続きの都合で今年の出馬は取りやめとなることが報じられたが、なんとその後書類を提出しオクラホマ州の正式な大統領候補となった。

Kanye Westが今年の大統領選出馬を取りやめたとの報道がなされる

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を大々的に宣言し話題を呼んだKanye West。それに伴うForbes誌のインタビューにて反人工妊娠中絶、反ワクチンの思想を語ったことも物議を醸したが、そんな彼が大統領選出馬を早々に取りやめたことが報じられている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。