Kanye WestがTravis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us In The Blood”をリリース|BLMと連動したMVも公開

先日Dr. Dre、Snoop Doggとレコーディングを行っていたことが報じられ、新作『God’s Country』のリリースを予告していたKanye West。そんな彼が、Travis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us in the Blood”をリリースした。

リリックにはここ最近のBlack Lives Matter運動とリンクした警察による黒人に対する暴力や、新型コロナウイルスなどによる社会の混乱といったトピックが含まれている。Ronny Jがプロデューサーとして参加しDr. Dreがマスタリングを手掛けたトラックはハードなトラップビートとアフリカの民族音楽を彷彿とさせるドラムが折衷されたもので、またTravis Scottが参加しているだけありアートワークはサウスへのオマージュを感じさせるものだ。

同時に公開されたMVはビジュアルアーティストのArthur Jafaが手がけ、リリックの内容と連動しBlack Lives Matterデモの模様や新型コロナウイルスによって苦しむ人々の実際の映像が用いられている。Geniusの動画によると、MVには今年2月にジョギング中警察官によって射殺されたAhmaud Arberyさんの死の直前の映像や、自宅のベッドで警察に射殺されたBreonna Taylorさんの生前の映像も含まれている。Kanyeは以前Ahmaud Arberyさん、Breonna Taylorさんの事件の裁判にかかる費用を寄付したことが明らかになっているため、BLMに対する現在のKanyeの姿勢が窺えるものでもある。

かねてよりトランプ大統領の支持を公言し物議を醸してきたKanyeだが、ここ最近のBLM運動に伴いデモへの参加や大規模な寄付を行ってきたことで、これまで彼を批判してきたSnoop Doggとのコラボが実現するまでに至っている。今回の“Wash Us in the Blood”は彼の近作と変わらず聖書からの引用やキリスト教の思想をリリックに落とし込んでいるものの、同曲を含む『God’s Country』はここ数年の彼のアルバムとはまた別種の作品となることも予想出来る。

いずれにせよ、ここに来て精力的な動きを見せ強力な新曲をドロップしたKanyeの今後の動向に注目すべきであることは確かだろう。

related

Travis ScottがOVOのNoah “40” Shebibのブログ記事にインスパイアされ活動を始めたことが明かされる

「現在のヒップホップシーンにおけるトップスターは誰か」と聞かれれば、Travis ScottとDrakeの名前を挙げる者は多いはずだ。今やシーンの2大巨頭となった二人だが、若き日のTravis ScottがDrakeのレーベルOVOのブログ記事に強く影響を受けたことが語られている。

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

Travis ScottがAir Podsを紛失したファンに新品をプレゼントすると発言|多くのファンが欲しい物をねだる結果に

非常にファン思いであることで知られるTravis Scott。そんな彼が、ファンとの交流の一環として起こした行動が珍事を引き起こしてしまった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。