注目ラッパーLil XanがDiegoへの改名を示唆

昨年リリースされた"Betrayed"などで注目されている21歳のラッパー、Lil Xan。Xanax中毒の過去から名前をとられたラップネームを改名することを示唆した。

Lil XanはXanax中毒だった時に作った以前からの変化をPigeon & Planesでのインタビューでも強調しており、その当時に制作した曲を削除することも示唆していた。

ただそのインタビューの際も、まだラッパーとしての名前は変更しないとも語っていた。また12月には本名であるDiegoに、今後改名するが、まだLil Xanとして活動予定だとツイートしていた。

しかしTMZのインタビューに答えたLil Xanは改名を具体的に考えていると発言している。今年になってRich ChiggaがBrianに改名しているなど、にわかに若手ラッパーの改名ブームとなるのかもしれない。

RELATED

Lil Xanが薬物中毒のリハビリを受けることを決意

Lil Xanが自身の薬物中毒について告白し、リハビリを受けることを宣言する動画が公開された。

激辛スナックCheetosの食べ過ぎで搬送されたLil Xanがこれからも食べ続けることを宣言|「Cheetosは一種のドラッグ」

激辛スナック菓子『Flamin’ Hot Cheetos』の食べ過ぎで腹痛を起こし、救急車で運ばれたと報道されたLil Xan。新たにTMZのインタビュー動画で今回の騒動の詳細を語り、カメラの前でCheetosを食べて元気になった姿を見せた。

Lil Xanがスナック菓子『激辛Cheetos』の食べすぎで入院

Lil Xanが救急車で運ばれて入院。ドラッグによる入院かと心配されたが、原因はスナック菓子の『Flamin’ Hot Cheetos』の食べ過ぎだたそうだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。