世界一Dabに厳しい国サウジアラビアで試合中にDabをしてしまったサッカー選手が投獄の危機

CULTURE  2018.01.07  FNMNL編集部

サウジアラビアが世界一Dabに厳しい国であることは以前伝えた。同国の人気シンガーが、あるフェスに出演した際にDabを披露したところ、警察当局に逮捕されてしまったのだ。

当局はDabが違法ドラッグに関連するダンスと捉えており、ドラッグ撲滅に全力を注いでいる国の方針とそぐわないというのが、逮捕の理由だ。

そんな中またしてもサウジアラビアでDabの悲劇がおこってしまった。

今回は同国のプロサッカーチーム、アル・ノジュームに所属する選手が試合中にDabをしてしまい投獄の危機に瀕していると伝えられている。その模様がこちらだ。

他の選手に対して挨拶の代わりにDabを行ってしまった、この選手の行動に対しアナウンサーが悲しげに「ノー、ノー」と繰り返しているのが印象的だ。まだこの選手が実際に投獄されるかはわかっていないが、サッカー連盟からの処罰の可能性もあるということで、いずれにせよ大きな代償を支払うことになってしまいそうだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE