2017年に最もストリーミング再生されたアーティストはDrakeとFuture

今やストリーミングサービスは、音楽を聴く為のツールとして一般的となっている。そこでストリーミングで2017年最も再生されたアーティストは、ラッパーのDrakeとFutureだと海外メディアVarietyが報じた

Varietyによると、Drakeが世界中でストリーミング再生されたアーティスト1位にランクインし、次点にFutureという結果となった。再生数としては、Drakeは600億回以上再生を記録し、Futureは昨年自身がリリース、または参加した3作品が約420億回再生されたという。これで、Drakeは2年連続でもっとストリーミング再生されたアーティストとなる。

サブスクリプション全体の再生回数は、昨年より1270億回多い3770億回となり、去年より50.3%の上昇率をみせた。その記録の約80%は有料会員によるものだ。

一方、デジタル盤でのアルバムの売り上げは、14.6%、シングルは、23,2%と下降気味。しかし、2017年1日平均ストリーミング再生回数は、約16億7000と高い水準を記録した。

ヒップホップシーンをリードするDrakeとFutureの記録的な数字は勿論ストリーミングサービスに大きく貢献したといえる。因みに、最もストリーミング再生されたシングルには、Kendrick Lamarの"HUMBLE."で、5億5520万以上という。

 

 

RELATED

Drakeが名ミックステープ『So Far Gone』の再々リリースによってFutureとBillboardチャートで1位を獲った回数で並ぶ

Drakeのデビューミックステープ『So Far Gone』といえば、今もなお名作として語り継がれる作品の1つだが、Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What's Real”が収録されていることもあり、権利の問題でこれまでストリーミングサービスでフルヴァージョンを聴くことは出来なかった。しかし、先日ついに『So Far Gone』のリリース10周年を記念して、各ストリーミングサービスでフルヴァージョンが配信された。そして、このリリースによってDrakeはBillboardのR&B/HipHopアルバムチャートで1位になった回数でFutureと並ぶこととなった。

Future、Skrillex、Major Lazer、Jay Park、Peggy Gou、RL GrimeなどがEDC JAPAN 2019の第1弾ラインナップとして発表

5/11(土)と5/12(日)の2日間に千葉県・幕張にて開催となるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』の第1弾出演アーティストが発表となった。

Reebokの90年代を代表するシューズ「AZTREK」にシーズナリーカラーが登場 │ Cardi BとFutureが出演するムービーも公開

歴代の名作を中心に展開するReebokのカジュアルライン“Reebok CLASSIC”から、90年代の主要なモデルである「AZTREK」の新色が3月1日(金)に発売される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。