マイク・タイソンが16ヘクタールのマリファナ畑をカリフォルニアに購入

今月1日、嗜好用マリファナの販売が解禁されたカリフォルニア州。販売開始当日には、開店前から大きな行列を呼んだというニュースが報じられた。そんな大衆化するマリファナビジネスにボクシングの元世界チャンプのマイク・タイソンが乗り込んだとThe Blastが報じた。

昨年12/20にタイソンは、カリフォルニアに16ヘクタールのマリファナ農園を開拓すると明かした。場所は、カリフォルニア州にあるデスヴァレー国立公園から南方に約96キロ離れ、エドワード空軍基地の近くに位置する砂漠地帯。それに関してビジネスパートナーであるRobert Hickmanは、「砂漠に現れたオアシス」と表現した。

タイソンのマリファナ農園で栽培されるのは、THCやCBDといった高品質の銘柄のみ。今後、最新技術を導入し、マリファナの生成から販売まで一貫した整備していく。The Blastによると、タイソンが手掛けるマリファナには、精神活性作用は含まれておらず、さらに、抗炎症やてんかん、抗酸化剤、精神病への薬として与えることができるという。

タイソンのマリファナ事業について、カリフォルニア市長のJennifer Woodは、この街を「再生」させると期待を膨らませている。

タイソンは、すでに『Iron Mike Genetic』という栽培のための新規事業に取りかかっているという。51歳の元ヘビー級チャンピオンは加速するマリファナ事業の熱を煽り続ける。商機は訪れるのか。

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。