『Grailed』がメンズウェアブランド売上ランキングを発表 | 1位はもちろんSupreme

メンズウェアを取り扱う転売ショッピングサイト『Grailed』が今年最も多く取引されたブランドTOP30を発表。

2017年も終りを迎え、様々な人が今年のBest&Worstを振り返り発表している。アパレル界は今年有名ブランドからたくさんの新商品やコラボがリリースされ、豊作の年となった。

メンズウェアマーケットの『Grailed』は、今年最も売れたブランドが分かるチャートを発表した。1年間を4分割し、最も取引されたブランドTOP30をリストアップ。今、一番お金にブランドは何かひと目で分かる図となっている。

grailed-chart-960x640

左の列が今年頭の取引量TOP30。右の列が今年終わりのTOP30。2016-2017を4分割し、その間どのようにそのブランドの取引量が推移したか見ることができる。1年間で取引量を増やし続けたブランドもあれば、上がったり下がったりを繰り返しているブランドもある。

Supremeは再び1位に輝いた。ストリートウェアの王座に位置するSupremeは今年も多くの著名人が身につけ、ブルックリンでの新店舗オープンや、ルイ・ヴィトンとのコラボなど話題の尽きない1年であった。まだしばらくは今の地位から動くことは無さそうだ。Supremeとのコラボによってルイ・ヴィトンの『Grailed』での売上が伸びたことも分かり、22位から12位に上昇している。

Adidasも1年を通して2位をキープ。「Kanye効果」だろう。他にもPharrellやAlexander Wangとのコラボや、他大手ブランドとのプロジェクトでスニーカーと服の売り上げを伸ばした。

Virgil Ablohも活躍した年であった。彼のブランドOff-Whiteが9位から4位へと上がった。Nikeとのコラボ『The Ten』をドロップしたのが大きな理由だ。Nike自身も6位から3位と上昇した。

あなたのお気に入りのブランドはランクインしているか『Grailed』でチェック

RELATED

NIKEのAir Force1を称えるバトル型イベント『BATTLE FORCE』の開催が決定 | 参加ラッパーも募集中

NIKEの名作スニーカーAir Force1を称える、バトル型イベント『BATTLE FORCE』が、11/23(金)に東京タワー内のスターライズタワーで開催される。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。