2017 Best Or Worst by tomad

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

Maltine Recordsを主宰し東京の同時代のイメージを象徴する存在として注目され、近年には、ニューヨークやロンドンでもイベントを開催し、海外アーティストの楽曲リリースも多数おこなっているtomadの2017年のベストは?

2017 Best by tomad

Rinse FM Podcast - 『Mall Grab Presents: Steel City Dance Discs - X-Coast 』- 18th February 2017

コメント

去年ぐらいからフューチャーベースなど展開多めのダンスミュージックに飽きたというか遊び尽くして、さらに『LOST DECADE』流れ(10回目にKEITA SANOさんもいい思い出)もあって、今年前半からひたすらにハウスミュージックを聴いていた。このポッドキャストホストのSteel City Dance Discsなど新興レーベルも多く出てきて、僕よりも若い世代なのに、レーベルの展開やリリースを含めたダンスミュージックの捉え方がフレッシュで刺激を受けた。その中でも一番レイヴィーで異端なX-Coastは特に良かった。新しいハウスの流れと繋がって単なるレイヴリバイバルにならない90年代初頭のチャラさを取り入れたサウンドはニッチだけどツボ。

来年の告知

来年2月に税金で東南アジアから多数のアーティストを呼んだイベントをオーガナイズします。チェックしてね。
http://jfac.jp/culture/events/e-meca-2017/

tomad

tomad

2005年、インターネットレーベル「Maltine Records」を設立。これまでに160タイトルをリリース。ダンスポップミュージックの新しいシーンと、東京の同時代のイメージを象徴する存在として注目されている。近年には、ニューヨークやロンドンでもイベントを開催し、海外アーティストの楽曲リリースも多数。2015年には設立10周年を記念し、レーベルの活動をまとめた『Maltine Book』を刊行。

RELATED

【特集】The Anticipation Illicit Tsuboi、柳樂光隆、tomadによる小袋成彬と"Lonely One feat. 宇多田ヒカル"

4月にデビューアルバム『分離派の夏』をリリースすると発表した小袋成彬。そのアナウンスと同時に公開された先行シングル"Lonely One feat. 宇多田ヒカル"は、同作のプロデュースも務める宇多田ヒカルをフィーチャーした楽曲だった。

2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by Giorgio Blaise Givvn

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。