Soundcloudの2017年楽曲再生回数ランキングの50位までが全てヒップホップであることが判明

驚くべくことに、2017年にSoundcloudで再生された曲のトップ50位が全てヒップホップアーティストによるものだったことが明らかになった。

今年Soundcloudで再生されたトップ50には、かつて支配的だったダンスミュージックをはじめ、R&B、Pop、Rockなど、ヒップホップ以外の曲によるランクインは見られなかった。Soundcloudはこれまでもラッパーがスターになるきっかけを作ってきたプラットフォームであるが、「他サービスとの差異化」が今後ますます重要となってくるストリーミングサービスの世界において、このサービスが今後これまで以上にヒップホップ寄りのプラットフォームになっていく可能性も考えられる。

また、ヒップホップ人気は2017年の世界的な現象として起こっており、アメリカのみならず、イギリスやドイツ、カナダにおけるSoundcloudの同様のランキングにおいても同じような結果が見られたという。さらにSoundcloudのみならず、Spotifyにおいてもその現象は見られ、2017年に世界で再生されたアーティストでトップ5にDrake、Kendrick Lamar、The Weekendがランクインしているというニュース(1位はEd Sheeran)は先週FNMNLでも報じたばかりだ 。

2017年のヒップホップの躍進を語る際に、要因として無視することができないものとして新鋭ラッパーたちの存在がある。彼らの驚くほどに実験的なアティチュードは今年のラップゲームに新たな刺激をもたらしてきた。今回のSoundcloudの再生回数年間トップ50ランキングにおいては、XXXTentacion、6ixNine、Lil Uzi Vert、Lil Pumpをはじめとする新鋭たちの名前が多くランクインしているが、これ自体が「ストリーミングによる金額の配当を議論するのではなく、収益方法のより広い可能性に目を向けている」新世代のラッパーたちのアティチュードを象徴しているものにも見える。

トップ50は以下のようになっている。

1. 6ix9ine
Gummo [Prod. Pierre Bourne]

2. 6ix9ine
Kooda

3. Post Malone
Rockstar (Feat. 21 Savage)

4. XXXtentacion
A Ghetto Christmas Carol Prod. Ronny J

5. Lil Pump
Gucci Gang

6. XXXtentacion
Fuck Love (Feat. Trippie Redd)

7. Ybn Nahmir
Rubbin Off The Paint (Prod. Izak)

8. XXXtentacion
Up Like An Insomniac (Freestyle)

9. Lil Uzi Vert
The Way Life Goes (feat. Oh Wonder)

10. Migos
Motorsport

11. Lil Xan
Betrayed (Bobbyjohnson)

12. Kodak Black
Roll In Peace (feat. XXXtentacion)

13. XXXtentacion
Hate Will Never Win

14. Gucci Mane
I Get The Bag (feat. Migos)

15. Trippie Redd
Dark Knight Dummo (ft. Travis Scott)

16. XXXtentacion
Red Light! Prod. Ronny J!

17. Nav
Wanted You (feat. Lil Uzi Vert)

18. Ybn Nahmir
Ybn Nahmir X Ybn Almighty Jay – No Hook (Prod By Hoodzone)

19. G-Eazy
No Limit (feat. A$Ap Rocky & Cardi B)

20. Trippie Redd
Trippie Redd & Tekashi69 – Poles1469 [Produced By: Pierre Bourne]

21. Post Malone
I Fall Apart

22. Famous Dex
Pick It Up (feat. A$Ap Rocky) [Prod. By Fki1st And Sosa808]

23. Kodak Black
Codeine Dreaming (Feat. Lil Wayne)

24. Xxxtentacion
Indecision

25. Lil Uzi Vert
Dark Queen

26. Lil Uzi Vert
Sauce It Up

27. A$Ap Ferg
Plain Jane

28. Trippie Redd
Love Scars/You Hurt Me [Produced By: Elliott Trent]

29. Kodak Black
Transportin’

30. Rich The Kid
Rich The Kid Ft. Trippie Redd – Early Morning Trappin (Prod. Lab Cook)

31. Layton Greene
Roll N Peace Remix (Prod. By G. Styles)

32. A Boogie Wit Da Hoodie
Drowning (Feat. Kodak Black)

33. Worldstar Hiphop Radio
Tay-k – The Race (@Djphattt Exclusive)

34. Youngboy Never Broke Again
No Smoke

35. Lil Uzi Vert
1.5- Xo Tour Llif3 (Produced By Tm88)

36. Trippie Redd
Bust Down/Love Scars 3 [Produced By: Goosetheguru[]

37. Ski Mask The Slump God
Catch Me Outside

38. Landoncube
Lil Skies Ft. Landon Cube “Red Roses” (Prod. @Menohbeats)

39. Young Thug
Relationship Feat. Future

40. Logic
1-800-273-8255 (Feat. Alessia Cara & Khalid)

41. Lil Peep
Awful Things ft. Lil Tracy (prod. by smokeasac x IIVI)

42. Travis Scott
Butterfly Effect

43. Lil Pump
Boss

44. Lil Baby
MY DAWG

45. XXXTentacion
I don’t wanna do this anymore

46. Cardi B
Bodak Yellow

47. Gothboiclique
Lil Peep & Lil Tracy – WitchBlades (Prod. Bighead & YungCortex)

48. Lil Pump
Molly

49. Tee Grizzley
From The D To The A feat. Lil Yachty

50. Joyner Lucas
Joyner Lucas – Gucci Gang Remix

(辻本秀太郎)

RELATED

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。