2017 Best Or Worst by ミツメ

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017年12月にシングル『エスパー』をリリースしたばかりのミツメの4人の今年のベストは?

2017 Best by ナカヤーン

Domenico Lancelotte - 『Serra Dos Orgaos』

コメント

2017年に生まれてきてくれてありがとうという気持ち。懐かしさと新鮮さの理想のミックス具合。

2017 Best by 大竹雅生

幡ヶ谷Forest LimitでのMaher Shalal Hash Bazのライブ

コメント

当日初めてバンドに参加する人たち(おそらく大半が)を交えた20人弱編成のライブ。朧気な記憶を辿るかのような演奏は、2度と繰り返されない素敵な瞬間ばかりで、とても刺激を受けました。

2017 Best by 川辺素

『クーリンチェ少年殺人事件』(リマスター上映)

20170311-aBrighterSummerDay-950x514

コメント

以前から見たいな〜と思っていたので見れて凄く嬉しかったです。
見たいんですー。と漏らしていたら、嬉しいことに今年の四月、劇場での上映前トークイベントへの出演依頼を頂きました。しかし自分はトークイベント出演が初めてだったので、普段全く味わうことのない種類の緊張をしてしまって、上手く喋れるように予習や練習したり、前日寝られなかったり、ライブだとこんなことないのに、、と思いながらずっとソワソワしていました。誘ってくれるってことは自分ができること、、と考えるようにしていて、出来るだけ色んなことに参加しようと思っているので来年も大胆にいろんなことに首を突っ込んでいけたらなと思っています。今年一年ありがとうございました!

2017 Best by 須田洋次郎

Eric Mooreのドラムレッスン

Here he is jamming... @babyboydrummer he is to cool... #onedayillhaveoneofmyown

Eric Mooreさん(@ericmoore_ii)がシェアした投稿 -

コメント

エリック・ムーアというドラマーが子供にレッスン(?)している動画。短い動画ですが、とても癒されます。

来年の告知

自主企画『WWMM(わくわくミツメまつり)』を来年1月21日に開催します。また、1月末からはツアー『mitsume tour esper 2018』が始まります。皆様のご来場をお待ちしております。
http://mitsume.me/live

ミツメ

mitsume17aw

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。
2017年12月にシングル『エスパー』をリリース。
国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。
オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。
そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

RELATED

『全感覚祭19』の第一弾出演者でGEZAN 、KID FRESINO、折坂悠太、ミツメなどが発表

GEZANが主宰するレーベル十三月による野外フェス『全感覚祭19』の第一弾出演者が発表となった。

ミツメがニューアルバム『Ghosts』から"エックス"のミュージックビデオ

ミツメが4月にリリースしたニューアルバム『Ghosts』から、バンドの新境地を感じさせる楽曲"エックス"のミュージックビデオを公開した。

新たな音楽フェス『FFKT 2019』が最終ラインナップでRas Gやtoe、ミツメ、Black Boboiなどをアナウンス

昨年フィナーレを迎えた『タイコクラブ』の後継フェスとして6/1(土)~6/2(日)におなじみのこだまの森で開催される『FFKT 2019』の最終ラインナップが発表となった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。