イジメに苦しむ少年にSnoop DoggやCardi Bなどが熱いメッセージを送るも、母親にレイシストの疑惑が浮上し炎上

先週末にある少年が涙ながらに、学校でイジメにあっていることを語るビデオが、母親のFacebookアカウントにアップされ、多くの反響を呼び、Snoop DoggやCardi Bなどの人気ラッパーたちが少年に対し、熱いメッセージを送った。

Say lil Man U gotta friend in me for life hit me on dm so we can chop it up love is the only way to beat hate ??☝?

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

この少年Keaton Jonesくんは、学校の昼食の時間にクラスメイトたちに頭から牛乳をかけられるなどのイジメを受けていると涙ながらに語っている。それに対しSnoop DoggはKeatonくんの「生涯の友達になる」と宣言し、「愛はヘイトに打ち勝つ唯一の方法」だとメッセージを送っている。

Cardi Bも子供をもつ親や、幼い弟や妹がいる人たちに向けて、「このビデオをみせて、イジメはよくないと伝えて」とInstagramに投稿。他にもT.I.やPliesといった人気ラッパーたちがKeatonくんのサポートに名乗りをあげた。

しかしこのビデオをFacebookに投稿した母親のKimberly Jonesさんは、現在このビデオをFacebook上から消去している。なぜだろうか。実はKimberlyさんは以前Facebookに黒人差別のシンボルとして知られている南軍旗を持った写真を多数投稿、人種差別的な文章もポストしており、レイシストの疑惑が浮上したのだ。

25348666_1990660691152054_1112098087735900535_n

さらにKimberlyさんがクラウドファンディングサイトで、Keatonくんをサポートするための募金ページを作成し、5万ドル以上を集めたことも、Keatonくんをダシに使っていると批判されている。これは格闘家のJoe SchillingがKimberlyさんとみられるInstagramアカウントとダイレクトメッセージをしたところ、このアカウントからは「これはチャンスだ。私たちは貧乏なんだ」と返信がきたのを公開したことで、さらにKimberlyさんに対する批判が高まった。

しかしKimberlyさんの娘はこのアカウントがKimberlyさんのものであることは否定しており、自身の母親がレイシストであることを否定している。

Kimberlyさんは沈黙を続けており、事の真偽はまだわかっていないがKeatonくんのためにいち早く立ち上がったのが、Snoop DoggやCardi Bだったというのは皮肉なことだろう。

RELATED

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

12歳のラッパーLil C-Noteがモール内でCDを販売したことで複数の罪に問われる

昨年10月、ショッピングモール内で警察に腕を掴まれ口論になっている動画が広く拡散された12歳のラッパーLil C-Note。そんな彼が、現在複数の重い罪に問われ危機に瀕している。

Reebokの90年代を代表するシューズ「AZTREK」にシーズナリーカラーが登場 │ Cardi BとFutureが出演するムービーも公開

歴代の名作を中心に展開するReebokのカジュアルライン“Reebok CLASSIC”から、90年代の主要なモデルである「AZTREK」の新色が3月1日(金)に発売される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。