HOT 97のPeter RosenbergがPost Maloneのヒップホップに対するコメントを痛烈に批判

ヒップホップはリアルを歌ってない」や「泣きたい時はボブ・ディランを聴く」と語り、各方面から批判を受けたPost Malone。先日、Postは自らの発言について釈明をしたが、その後もなお批判は続いているようだ。

現在"Rockstar"が大ヒット中のPostによる「ヒップホップはリアルじゃない」という発言やその釈明についてはこちらの記事を参考にしていただきたい。発言を受け、Earl SweatshirtやVince Staplesなど有名アーティストもSNSなどを通して彼を非難したが、本人の釈明後もなおPostへの批判は続いているようだ。

NYの名門ラジオ局HOT 97の名物パーソナリティのPeter Rosenbergは先日Instagramで彼の言い分を認めないというビデオメッセージを投稿した。動画は以下からチェックできる。

Someone show this to @postmalone please ... No more passes for you bro

A post shared by Peter Rosenberg (@rosenbergradio) on

ビデオの中で、Rosenbergは次のようにPostを批判。

「Post Malone、俺は君の言い分を認めはしない。君とは前に楽しく話したことがあるし、人としては好きだけど、これに関しては許すことはできない。君がタトゥーを入れているアーティストが全員白人のロックスター(John LennonやKurt Cobeinなど)で、ヒップホップとは全く関係ないことは見過ごしてきたけど。だから、ヒップホップから離れて他のジャンルで音楽を作り始めるか、ヒップホップへのリスペクトを見せ始めてくれ。」

「ヒップホップは感情についてや重要な物事についての音楽じゃないって?ヒップホップは俺の人生における重要な日にはいつもサウンドトラックだったんだ。様々なバックグラウンドをもった俺みたいな人間が世界中にたくさんいる。だから、ヒップホップへのリスペクトを見せてみろ。さもなければ立ち去ってくれ。」

RELATED

ファンによってPost Maloneの古いSoundCloudアカウントが発見される

現代のヒップホップシーンにおいて語るにあたり、欠かせないのがSoundCloudから成り上がったラッパー、いわゆるSoundCloudラッパーだ。SmokepurppやJuice WRLDなど今ではシーンの中心を担うラッパーの多くがSoundCloud出身である。

Rita OraのPost Maloneの仮装の写真がPost Malone本人として記事に使われる

昨年のハロウィンも、セレブ達がクオリティの高い仮装を披露し非常に盛り上がったのは記憶に新しいところだが、その中でも一際目立ったのがRita OraのPost Maloneの仮装である。

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。