レブロン・ジェームズの「キングオブニューヨーク」発言にJay-Zはジョークで回答

3度のNBAチャンピオン、同じく3度のNBAファイナルMVP、4度のシーズンMVPなど「キング」ことレブロン・ジェームズ(キャバリアーズ所属)であるが、11月13日のクリーブランド・キャバリアーズvsニューヨーク・ニックスの試合を巡って彼を中心にヒップホップ界隈をも巻き込む様々な動きがあった。

試合前からレブロンとニューヨーク・ニックスの間では以前から、いざこざが生じておりドラフトでFrank Ntilikinaを獲得したニックスを失敗だと揶揄する発言や、ニューヨークの地下鉄を堂々と移動するキャバリアーズの面々など、かなりの注目を集めていた。

試合は接戦となり、レブロンとNitilikinaの間でヒートアップする場面も見られた。

試合はレブロンの活躍もあり、104-101でキャバリアーズが勝利した。

この結果を受けレブロンはキングオブニューヨークといった発言をインスタグラム上で投稿し、多くの物議を醸していたがJay-Zの発言でこの騒動は収束に向かったように思える。

Lebronの友達でもあるJay-Zが4:44のツアーでクリーブランドを訪れた時に、ステージの上で「クリーブランドにやってきたぞ。今は俺がクリーブランドのキングだ」と発言し、ステージからセルフィーを撮る際も「みんなとクリーブランドのキングとしての最初の写真を撮りたい」と話し会場を笑わせた。

ヒップホップでは度々キングオブニューヨークというワードで争いが起こる。Kendrick LamarがControlにて"I'm the king of NY"とラップした際も多くの影響をシーンに与えた。今後もデリケートな話題であることに変わりはないだろう。

 

RELATED

Beyonce & Jay-ZによるThe Cartersのアルバムが日本でもリリース | ルーヴル美術館で撮影された"APESHIT"のミュージックビデオも公開

2度目の夫婦ジョイントツアーをスタートさせたBeyonce & Jay-Z夫妻が、ユニットThe Cartersとしてジョイントアルバム『Everything Is Love』を先週リリース、日本でも本日から配信リリースとなった。

2Pacが未公開の遺稿でDr. DreやJay-Z、Mobb Deepなどに対し痛烈なディス

死後20年以上が経過しても、強い影響力を発揮し続けているレジェンド2Pac。最近では若手ラッパーのLil Xanが2Pacの曲を退屈と評したことで、多くの批判を浴び最終的にLil Xanはライブで"California Love"をプレイし、2Pacにオマージュを捧げる羽目になった。

Jay-ZがSnoop DoggとEminemが特別である理由を語る

Jay-ZがNetflixの番組『My Next Guest Needs No Introduction』に出演し、Snoop DoggとEminemがなぜここまでの成功を収めたのかを語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。