DiddyがLove aka Brother Loveへの改名はジョークだと釈明

Diddyが先日インスタグラム上で、Love aka Brother Loveに改名することを発表したが、日付が変わりインスタグラム上でさらに動画をアップしたDiddyは落ち着いた口調でネタバラシをしたのだった。

「ただのジョークだよ、名前は変えない。Loveは自分のオルターエゴなんだ。どんな名前で呼んでもらっても結構だし、Loveって呼びたいなら呼んでもいいよ。」

と話し最後に「ただ遊んでただけなんだけどね。」と付け足した。

Diddyは1997年にリリースして大ヒットだった「No Way Out」に続いて「No Way Out 2」を2017年中に発売する予定もあるのでそちらにも注目したい。

RELATED

French MontanaがDiddyから教わった音楽で成功するためのコツを明かす

大きなブレイクによって短期的に成功するミュージシャンはシーンに数多く存在するが、長く活動を続けていって長期的な成功を収める者はそう多く無い。そのような状況の中で、Billboardのインタビューに応えたFrench Montanaが、音楽活動を長く続けて行くためのコツをDiddyに教わったことがあると明かしている。

Jay-ZがDiddyから最もリッチなヒップホップアーティストの座を奪取

経済誌のForbesが恒例となっている最も稼いでいるヒップホップアーティストランキングを発表。これまで6年連続で首位だったDiddyにかわり、Jay-Zがトップの座についた。

Diddyが集合写真のトリミングについて、自分がやったのではないと弁解

写真をトリミングして、気に入らない人物を集合写真から消すことで定評のあるDiddy。先日のグラミー後にSNSにアップされた写真では、Photoshopによる天才的な画像加工技術でFrench Montanaが消し去られていた。そんなDiddyがテレビ番組「Ellen Show」に登場し、この件につい...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。