DiddyがSnoop DoggとダンスバトルをしSuge Knightに嫌味を言う

ヒップホップ史上最大のビーフとして知られる、Bad Boy RecordsとDeath Row Recordsによる東西抗争。それから20年あまりが経った今、Bad Boy RecordsのボスであるDiddyとDeath RowのスターであったSnoop Doggが平和な対決をしている。

昨日Instagramを更新したDiddyは、パーティ会場でSnoop Doggとダンスバトルをする動画をアップロード。ご機嫌にダンスをするSnoop Doggと、泥酔している様子で不思議な踊りを繰り出すDiddyという90sのレジェンドの貴重な姿を見ることが出来る。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Look at this nigga Puff all up in the videos and all up in the records 😂😂 Let’s enjoy life!!! @snoopdogg

Diddyさん(@diddy)がシェアした投稿 -

ダンスを終えたDiddyは高笑いしながら「見たかよマザーファッカー、俺はあの時より良いんだぜ」と叫んでいるほか、キャプションに「見ろよ、動画では全部終わってるしレーベルのことも全部終わったんだぜ。人生を楽しもう」と、かつての抗争が完全に終結しSnoop Doggとも平和な関係を築けたことを綴っている。

ComplexによるとこのDiddyのメッセージはDeath Row Recordsの創設者であり現在は殺人罪で投獄されているSuge Knightに向けられたもののようで、ビジネスのために非道な手段を数多く用い抗争を激化させた彼に対する嫌味を言っているようだ。

DiddyとSnoop Doggは抗争の末にそれぞれNotorious B.I.G.と2Pacという盟友を失ってしまったが、その心の傷をも乗り越えた二人が仲良さげにはしゃいでいる様子は非常に感慨深いものである。獄中のSuge Knightはさぞかし悔しいことだろうが、二人は今後も共に人生を楽しんで行けるのだろう。

related

Diddyがグラミー賞を「ブラックミュージックをリスペクトしてこなかった」と批判

ヒップホップ、R&Bなどブラックミュージック全体に対する冷遇や、受賞者が白人アーティストで占められる状況が度々指摘されるグラミー賞。そんな中、昨日開催されたグラミー賞のプレパーティに出席したDiddyがスピーチにて賞への批判を行い話題を呼んでいる。

Snoop Doggのヒット曲を子守唄風にアレンジしたアルバム『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』がリリース

言わずと知れた西海岸のOG、Snoop Dogg。大人から若者まで幅広い世代からの人気を誇る彼の楽曲が、なんと赤ちゃんの子守唄として生まれ変わるようだ。

Snoop Doggが無名のブッキングエージェントを人種差別者だとして激しく批判する

11月11日、Snoop Doggは自身のInstagramに動画を投稿し、その中で無名のブッキングエージェントを人種差別主義者だとして激しく批判した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。