Diddyがグラミー賞を「ブラックミュージックをリスペクトしてこなかった」と批判

ヒップホップ、R&Bなどブラックミュージック全体に対する冷遇や、受賞者が白人アーティストで占められる状況が度々指摘されるグラミー賞。そんな中、昨日開催されたグラミー賞のプレパーティに出席したDiddyがスピーチにて賞への批判を行い話題を呼んでいる。

XXLによると、Diddyはグラミーのプレパーティにてカルチャーへの貢献を讃えるSalute To Industry Icons Awardを受賞。その受賞スピーチに登壇した彼は「グラミーに愛を持ってこれを言おうと思う。なぜならみんなこのことについて知る必要があるからだ。お前たちは毎年俺たちを殺してるんだよ。俺は痛みについて話してるんだぜ。ここにいる全てのアーティスト、プロデューサー、エグゼクティブに話してる。レコードを作り、心を注ぐにはかなりの時間がかかる。それには、公平なフィールドが必要なんだ」と語った。

続けて「Erykah Baduの素晴らしい言葉がある。“私たちはアーティストで、自分たちの作品にとても敏感だ”。俺たちには情熱がある。ほとんどの人にとってこれが全てだ。唯一の希望なんだよ。本当のことを言うと、グラミーはヒップホップを一度もリスペクトしてこなかった。ブラックミュージックは、ある時点までグラミーにリスペクトされていなかったんだ」として、グラミー賞がいままでブラックミュージックを軽視してきたことを痛烈に批判している。最後に、「これは続いているんだ。映画でも、スポーツでも、言葉一つとってもな。そして何年もの間、俺たちに興味を持たなかった組織を許してきた。それは今終わるはずだ。今から時計が動き出すぜ。一緒に始めるために、お前たちにはあと365日残ってる」とスピーチを締めくくった。

昨年の授賞式でもDrakeによって賞そのものに対する問題提起が行われるなど、議論の対象となり続けるグラミー賞。Diddyの言葉通り、変化を遂げることは出来るのだろうか。

related

グラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creatorがカテゴリー分けへの疑問を呈す

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、アルバム『IGOR』で最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。エキシビションでの圧倒的なパフォーマンスも話題となっている彼が、グラミー賞の選考や音楽ジャンルの分け方に対する持論を語っている。

Billie Eilish、Tyler, The Creator、Lil Nas Xらのグラミー受賞スピーチやライブパフォーマンスの模様が公開

いよいよ開催された2020年グラミー賞受賞式。中でも注目が集まる最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の主要4部門全てを歴代最年少で独占することとなったBillie Eilishの、ライブパフォーマンスとスピーチの模様が公開されている。

Billie Eilishがグラミー賞主要4部門を独占

本日行われた第62回グラミー賞の授賞式でBillie Eilishが主要4部門を含む全5部門を受賞した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。