Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

Drakeは昨年リリースし大ヒットを記録したシングル“God’s Plan”で最優秀ラップ楽曲賞を受賞。受賞スピーチでは「もしも音楽をやりたいと思ってる子供がこれを観ているなら、この機会に話したいことがある。心で音楽を作って、純粋に活動し、真実を語る俺の仲間は、事実に基づいたスポーツじゃなくて自分の意見に基づいたスポーツをやってるんだ。だから、毎年最後にゲームに勝ったからといってトロフィーを貰える、NBAのようなものじゃない」と、賞の存在自体に疑問を呈するような発言を行い会場をざわつかせた。

更には「これは、時には理解をしてくれない人々を相手にしなければならないビジネスなんだ。カナダの男や、ニューヨークのスパニッシュの女の子、ヒューストンの兄弟のTravisもね」とグラミーの審査員が自身やCardi B、Travis Scottのようなヒップホップアーティストに理解を示さないことを批判。最後に「もし君の歌詞を歌ってくれるファンがいるなら、君が地元のヒーローなら、君は既に勝っている。仕事もあるのに雨や雪の中チケットを勝ってライブに来てくれるファンがいるだろ。賞なんていらない。君は勝ってる」と、ファンがいれば賞をとる必要は無いと主張した。この発言によって主催者側は慌てたのか、スピーチの途中にも関わらずCMに移りDrakeの言葉は途中でカットされてしまった。

グラミー賞は例年ヒップホップアーティストの受賞の少なさが問題視されており、Drakeはそこに対して抗議をしたかったのだろうか。また、昨年最大のヒット作となったアルバム『Scorpion』が最優秀ラップアルバム賞にノミネートされなかったことに疑問を抱いているとも想像できる。今や音楽業界最大のヒットメイカーの一人となったDrakeによって存在意義を否定されてしまっては、グラミー賞の主催者側も心穏やかではいられなさそうだ。

RELATED

NBAチーム76ersのオーナーがDrakeの呪いによって負けを喫した事に対して恨みを述べる

先日スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪いを紹介したが、その呪いによって実際に試合で負けを喫した76ersの共同所有者がCNBCのインタビューに応じた。

スポーツ界に広まるDrakeの呪いの恐怖 | 魔除けのために対戦相手の地元ラジオ局がDrakeの楽曲を放送禁止に

言わずと知れたヒップホップシーンのトップアーティストDrakeだが、最近ではスポーツ界にも影響力を及ぼし始めている。

Drakeが地元のNBAチームであるトロント・ラプターズを勝利に導くため相手チームに呪いをかける

以前紹介した、「サッカー選手がDrakeと写真を撮るとそのチームが試合に負ける」という「Drakeの呪い」を覚えているだろうか?今回、Drakeが自身の不幸な能力を逆手にとって地元のNBAチームを援護したようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。