A$AP Rockyがグラミー賞のプレパーティでTravis Scottに間違えられる

A$AP RockyとTravis Scottといえば、現在のシーンを代表するスタイリッシュなラッパーである。何かと比較されることも多い二人だが、今回のグラミー賞のプレパーティでA$AP RockyがTravis Scottと間違えられる珍事が発生してしまったようだ。

A$AP RockyはLoeweのピンクのスーツを着こなし、パーティの会場に登場。スターの登場にフラッシュがあちこちから焚かれる中、一人の女性が彼に「Travis!」と声をかけた。Rockyは一瞬ぎょっとした表情を見せ声の方向に視線を向けたが、「A$AP!」と叫ぶ声に気を取り直したのか何事もなかったかのように会場入りしている。見ているこちらとしては肝が冷えるような瞬間である。

#ASAPRocky got mistaken for #TravisScott at Pre-Grammy Party

VladTVさん(@vladtv)がシェアした投稿 -

これまでもA$AP RockyとTravis Scottはたびたび間違えられている。2015年にはTravis Scottがアルバム『Rodeo』のリスニングパーティにて「A$AP!」と声をかけられ腹を立てる一幕が見られた。かなり気に障ったのか、Travisは「A$APじゃねえよ、ビッチ」とファン相手に凄んでいる。

また、昨年にはベテランDJのFunkmaster Flexが「Travis ScottはA$AP Rockyのスタイルをパクっている」と発言し物議を醸した。

もちろんファンにとっては二人の区別など容易につくだろうが、あまり興味が無い者にとっては区別が難しいのだろうか。確かに髪型などは少し似ているかもしれない。A$AP Rockyは昨年インタビューにて「Travis Scottは知っての通り、クールな音楽を作ってると思うよ。彼には子供がいるだろ?俺は嬉しいよ。美しいことだ」と語り、Travisと争うつもりは無いことを強調している。

それぞれに違った個性を持つA$AP RockyとTravis Scott。間違って声をかけたファンには、今後間違えることのないよう二人の顔をしっかりと覚えてもらいたいものだ。

RELATED

Travis Scottがアルバム『Rodeo』のリリース4周年を記念しファンへメッセージ

先日、Netflixにて自身のドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』が公開されたばかりのTravis Scott。そんな彼が昨日、2015年にリリースしたデビューアルバム『Rodeo』の4周年を祝い、Twitterでファンにメッセージを送った。

Travis ScottはCardi Bにグラミー賞を奪われたことに対して怒ってはいないと関係者が明かす

先週、Netflixにて公開されたTravis Scottのドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』。その中で、Travis Scottがグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門を逃す場面があるのだが、現在そのシーンが波紋を呼んでいる。

『トラヴィス・スコット:Look Mom I Can Fly』| ヒューストンを愛する若きスーパースターの軌跡

昨年リリースのアルバム『Astroworld』で時代を代表するスターへと上り詰めたTravis Scott。そんな彼の軌跡を描いたドキュメンタリー『トラヴィス・スコット:Look Mom I can Fly』がNetflixで配信されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。