グラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creatorがカテゴリー分けへの疑問を呈す

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、アルバム『IGOR』で最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。エキシビションでの圧倒的なパフォーマンスも話題となっている彼が、グラミー賞の選考や音楽ジャンルの分け方に対する持論を語っている。

受賞後の会見に登場したTyler, The Creatorは、「グラミーの選考方法が持つ問題について、受賞した今どう考えていますか?」という質問に対し、「半々の気分だよ。世界中に俺を知ってもらえる機会を与えてくれた事には本当に感謝しているけど、一方で、俺たちのような奴らにとってクソでもある。ジャンルを超えたことをやっているのに、あいつらはいつも“ラップ”や“アーバン”ってカテゴリーに俺たちを押し込むだろ。“アーバン”って言葉は好きじゃないんだ。Nワードをポリティカリーコレクトネスに配慮して言っているだけのように思える。だから、そう言われると“なんで俺たちはポップじゃいけないんだ?”って思うんだよ。だから、ラップでノミネートされたときも心のどこかで皮肉なお世辞のように感じてしまった。ゲームをしたがってる子供に接続されてないコントローラーを与えて、“黙ってこれで満足しろ”って感じのな。少しだけそう思った自分もいるけど、一方でとても感謝していることも事実なんだ」として、あくまで「ラップ」というカテゴリーの中でしか評価されないグラミーのシステムに対する複雑な心境を明かした。

先日はグラミー賞のプレパーティに登場したDiddyが「グラミーはヒップホップを一度もリスペクトしてこなかった。ブラックミュージックは、ある時点までグラミーにリスペクトされていなかったんだ」と語るなど、長く批判され続けているグラミー賞の選考。単なる「ラップアルバム」というよりもジャンルを横断した複合的な音楽性を特徴とした『IGOR』が「最優秀ラップアルバム」にノミネートされるだけに留まった今回の事例にも、グラミーが抱える問題の一端が表れていることは確かだろう。

ヒップホップシーン、ひいては現在のポップミュージックの流れとの距離が決定的なものとなりつつあるグラミー賞。今後こういった傾向に変化は訪れるのだろうか?

related

Tyler, The CreatorがOdd Futureの新作がリリースされる可能性を「ありえない」と否定

昨年リリースのアルバム『IGOR』でグラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞するなど、今やアーティストとして不動の地位を確立したTyler, The Creator。そんな彼といえばFrank Ocean、Earl Sweatshirtらを擁するコレクティブOdd Futureのリーダーとしてデビューしたが、現在は活動を実質的に休止している同コレクティブについてTylerが語っている。

Virgil AblohがTyler, The Creatorのグラミー賞に対するコメントについて「全く同じ感情だ」と同意を示す

2020年グラミー賞にて最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。受賞後のインタビューにて自身の音楽を「ラップ」や「アーバン」というジャンルのみにカテゴライズされることへの不満を語り話題を呼んだ彼だが、そんな彼にOff-WhiteのデザインやLouis Vuittonのメンズウェアを手がけるVirgil Ablohが賛同の意を表明している。

Diddyがグラミー賞を「ブラックミュージックをリスペクトしてこなかった」と批判

ヒップホップ、R&Bなどブラックミュージック全体に対する冷遇や、受賞者が白人アーティストで占められる状況が度々指摘されるグラミー賞。そんな中、昨日開催されたグラミー賞のプレパーティに出席したDiddyがスピーチにて賞への批判を行い話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。