Diddyが本名を「Sean Love Combs」に改名

Bad Boy Recordsの創設者でありヒップホップシーンきっての大富豪であるDiddy。たびたびステージネームを改名することでも知られる彼が、なんと今度は本名の方を改名したようだ。

TMZによると、Diddyは昨日LAの裁判所に自身の本名を「Sean John Combs」から「Sean Love Combs」に改名するよう請願する書類を提出したとのこと。なぜ彼が今回の改名に踏み切ったのかは不明だが、2017年には自身のステージネームをBrother Love、もしくはLoveに変更したいとの発言を行なっていた。その際には「あれはジョークだった」として改名を否定していたが、まさか後にステージネームどころか本名を改名するとはファンにとっても予想外だっただろう。

昨年は元恋人のKim Porterを亡くし、彼女との間に生まれた三人の子供を育てるシングルファーザーとなったDiddy。Kim Porterへの感謝、そして世の母親たちを賞賛する動画も公開し感動を呼んでいたが、それらの経験から改めて「Love」の大切さを実感したのかもしれない。

Diddyには今後も名前に違わずLoveに満ちた日々を送ってもらいたいものである。

RELATED

DiddyがSnoop DoggとダンスバトルをしSuge Knightに嫌味を言う

ヒップホップ史上最大のビーフとして知られる、Bad Boy RecordsとDeath Row Recordsによる東西抗争。それから20年あまりが経った今、Bad Boy RecordsのボスであるDiddyとDeath RowのスターであったSnoop Doggが平和な対決をしている。

Gucci ManeがDiddyからヴィーガンバーガーを薦められるも食べるのを拒否

刑務所からの出所後に肉体改善に励んでいるGucci Mane。最近はスリムなボディもすっかり板についてきた彼だが、無理なダイエットもあるようだ。

Diddyがシングルファーザーとしての日々を記録した動画を公開

Bad Boy Recordsの創立者にして、音楽業界随一の富豪であるDiddy a.k.a. Sean Combs。そんな彼が、先日急逝した元恋人Kim Porterとの間に生まれた3人の子供を一人で育てる様子を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。