ドイツ発『TISSUE Magazine』が5年の沈黙を破り最新号をリリース

2011年創刊、Uwe Bermeitingerが編集長兼クリエイティブディレクターを務めるドイツ・ハンブルク発の『TISSUE Magazine』が最新号をリリースする事が決定した。

EVERYTHING SEXY(全ての物事はセクシー)を掲げ、「セックス」、「芸術」、「死」、という題材を主に取り上げている。5号目を最後に拠点をオンラインに移し活動していたが、5年ぶりとなる最新号は紙媒体に立ち戻り、今回『TISSUE Magazine』№666FFFがリリースされる。

セクシーに対するアプローチも2019年の社会にフィットした内容に進化し、また今世界的なムーブメントとなっている”ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response=直訳で自律神経絶頂反応)を取り上げ、聴覚的に得る快楽を写真というフォーマットで表現している。

さらにLGBTQといった様々なセクシュアリティが性的指向が在ることを前提に進められる中、そのどれにもはまらない、どれも持ちあわせていない新たな”性”の自認である”ASEXUALITY(無性愛)”を取り上げ、様々な形のセクシーを追求してきたTISSUE史の中でも異例の”無いこと”をフックアップした実に挑戦的な内容となっている。

また、もう一つTISSUEがテーマとして掲げている”死”についても、”鬱”や”サウナ(=宇宙との対話)”といったコンテンツを取り上げながら、Marginal Pressの大智氏が登場しサウナへの想いを存分に語っている。

Info

 

「TISSUE Magazine」№666FFF

・書籍情報
TISSUE Magazine №666FFF ¥2,700+TAX
TISSUE x Sheer Glyde Damsオーラルダム、Martin Ederによる撮りおろしポスターを付録。

・日本企画限定マーチャンダイズ

・商品情報
TISSUE №666FFF EMBROIDARY SWEATSHIRT \7,888+TAX
TISSUE №666FFF TEE \4,666+TAX
TISSUE №666FFF TOTE \3,333+TAX

書籍グッズ共に、全国11月9日全国一斉発売開始

・イベント情報

「TISSUE Magazine №666FFF リリースパーティ」

場所:KOARA 東京都渋谷区神南1-13-15
日時:11月5日 Open 18:00 Close 22:00
料金:エントランスフリー(1st drink ¥1,000)

DJ
Mari Sakurai
6nori9

Live Paint by Uwe Bermeitinger (TISSUE Magazine)

Party Snap by GIRL HOUYHNHNM x Johanna Jaskowska

書籍及び限定マーチャンダイズを当日会場限定で先行販売

related

EYESCREAMの最新号は10周年を迎えたSUMMIT特集

カルチャーマガジンEYESCREAMの最新号で、今年設立10周年を迎えたヒップホップレーベルSUMMITが巻頭特集でフォーカスされている。

カルチャーを通して現代社会について考えるインディペンデントマガジン『inch magazine』が創刊 | 仙人掌の初の書き下ろし小説も掲載

読書や映画・音楽といったカルチャーを通して現代社会について考えていくインディペンデントマガジン『inch magazine』が創刊した。

カルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』の第3号が発刊 | WILYWNKAが表紙、Jin Dogg、ELLE TERESA、PizzaLove、戦慄かなのもインタビューで登場

タトゥーの彫り師の男性が医師法違反の罪に問われた裁判で最高裁で、画期的な無罪判決が出るなど、タトゥーを巡る状況は変化を迎えそうだ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。