Lil Yachtyが"F**k Joe Budden"と書かれたフーディを着てライブに登場

今年の4月にJoe BuddenがLil Yachtyを「ヒップホップカルチャーを台無しにしている」などと批判し、2人の間でビーフ合戦が繰り広げられたことはFNMNLでも報じたが、これに関する続報だ。

Lil YachtyはまだBuddenに恨みを持っているようで、最新のライブでの映像から、Yachtyが"F**k Joe Budden"とプリントされたフーディを着てJoe Buddenをディスっているのがわかる。

動画や画像は以下から確認できる。

 

Lil Boat savage af | ? @iamantonmak

A post shared by HotNewHipHop (@hotnewhiphop) on

 

#LilYachty wearing a “Fuck Joe Budden” hoodie ??

A post shared by HotNewHipHop (@hotnewhiphop) on


動画からは、オーディエンスがYachtyのフーディに書かれたフレーズをコールし、本人もそれを煽っている様子を確認することができる。最後には、Yatchtyが"these old-ass n****s need to stop f**king with these young n****s, man."(年寄りは若者に構うのをやめろ)とJoe Buddenを批判している。

現在のところ、Buddenのリアクションは確認されていない。

RELATED

Lil Yachtyがニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』を来月リリースへ

今年3月に2ndアルバム『Lil Boat 2』をリリースしたLil Yachtyの新作が早くも10月にリリースされる。

Lil Yachtyが白人の警官に車を盗んだと疑われる

アメリカの警官がしばしば人種を根拠に捜査を行うという話は周知の事実だろう。ヒップホップにはそういった警官をテーマにした楽曲が数多く存在するが、今回Lil Yachtyが警官によって理不尽な目に遭わされてしまった。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。