Cole Bennett | ビデオグラファー、ブロガー、イベンターとして多角的に若手ラッパーをフックアップする21歳

FEATURED  2017.11.01  FNMNL編集部

現在ヒップホップシーンでは多くの若者が活躍している。今年台頭したLil PumpやSmokepurpp、Famous Dexらは多くの楽曲を制作、同時に多くのミュージックビデオを世に送り出してきた。

そんなアーティストを支える裏方的な存在として「ビデオグラファー」がいる。彼らがいなければ独創的なミュージックビデオを見ることができない。今回は、まだ21歳でありながら、若手ラッパーのミュージックビデオを数多く制作し、ビデオグラファーとして成功しつつ(YouTubeチャンネルの登録者数86万人以上)、マルチな才能で活躍するCole Bennettを紹介したい。下記のリンクは彼の撮ったMVで最も再生回数の多かったLil Pumpの"D Rose"。

Cole Bennettの生い立ち

彼はシカゴの中心地から100km弱のところにあるプラノという土地で育った。人口は1万人ほどの小さな町で、週末はChief KeefやChance tha Rapperなどを見るために、シカゴ市街まで友達とドライブをしていたそうだ。ヒップホップとの出会いは小学生の時で、50 Centの『Get Rich or Die Tryin'』。このアルバムがリリースされたのは2003年なので6歳の時、彼がヒップホップに魅せられて15年が経過している。

人生を変えた瞬間

彼の人生を変えた瞬間はChance the Rapperを初めて見つけた時だそう。彼のMVを見た時に衝撃を受け、自分もシーンに影響を与えられる存在になりたいと思ったことが、今の彼を作っている。中でも"No Problem"のMVを撮っている、Austin Veselyから強くインスパイアされたと語っている。その影響もあり、高校生の時に彼はオリジナルの音楽ブログ『Lyrical Lemonade』を開設する。このブログはシカゴのアーティストに注力したブログで、地元シカゴのレペゼンを行っていた。

高校を卒業後に動画制作などについて学ぶため、シカゴに移住してデポール大学へ進学した。そこで学んだことを生かし、MVをその後作っていくこととなる。

ビデオグラファーとして

彼のMVの特徴は何と言ってもカラフルなアニメーションだ。彼が運営するブログLyrical Lemonadeが有名になる原因となった"Hit Em Wit It"は、髪を青く塗ったり、目を赤く塗ったりと遊び心の多い作品になっている。他のビデオでも独特のエフェクトを利かせたビデオは彼のトレードマークだ。

このアイデアの原型は、2012年にMac Millerがアップした"America"のMVで、Bennettはこのビデオから影響を受けたようだ。
2016年に入ると、独特なアニメーションが大きな支持を受けるようになり、大物アーティストとのコラボに次々と成功していく。Soulja Boy、Smokepurpp、Lil Pump、Ski Mask the Slump God、PnB Rockなど、シカゴベースの活動も気づけばアメリカ中に広がっていて、YouTubeの総再生回数は2億7000万回を超えた。
マルチな才能を見せる
彼の能力は非常に幅広く、ブロガー、ビデオグラファー以外にもイベントの企画やLyrical Lemonadeのショップなど、様々なことに挑戦している。
イベント企画では自身でミュージックビデオを制作している若手アーティストを中心にブッキング。最近では下記のフライヤーのようなイベントをLAで開催している。またショップではオリジナルのTシャツなどを販売している
DJZq0H1VwAAt2lJ.jpg-large
21歳ながらも、多角的な活動を行っているCole Bennett。ビデオグラファー、ブログ、そしてイベンター。これら1つの活動を行っている人は日本でも多数いるが、Bennettのようにデジタルメディアを自身で持ち、そのコンテンツとなるようなビデオを作り、さらにそのアーティストたちにライブの場を提供するという有機的な活動を1人で行っている人物はまだまだ稀だろう。さらに彼はすでに有名なアーティストではなく、自身のように若いアーティストを積極的にフックアップすることで、ヒップホップシーンの新陳代謝に貢献している。
彼はあるインタビューでこう語っている
「毎日がむしゃらに仕事をして、たくさんのコンテンツを発信している。少し仕事のペースを遅らせて、多くのことを同時に進めていきたい。」
貪欲に挑戦を続けるBennettが次に開拓する領域は何になるのだろうか?

MUSIC

FASHION

CULTURE