Drakeがグラミー賞に新作『More Life』をノミネートさせないことを決断

これまでグラミー賞を3度受賞してきたDrakeだが、次回のグラミー賞はDrake不在のまま進行することになりそうだ。

APがDrakeの関係者筋からの情報として伝えたところによれば、Drakeは今年リリースされた自身の「プレイリスト形式」の新作『More Life』をグラミー賞候補作に登録しなかったという。

これは『More Life』がアルバムではなくプレイリスト形式を採用しているもので、ベストラップアルバム賞などに該当しないということでもあるが、同時に楽曲単位でもDrakeは受賞候補に登録していないということ。

もしDrakeが候補作登録をおこなっていたら間違いなくノミネートされていたと思われるだけに、Drakeの真意が知りたいところだ。

グラミー賞を巡っては前回はFrank Oceanが受賞作の人種的な偏りを理由に自身のアルバムを候補作に登録しなかった件もあり、その権威が揺らぎつつある。

RELATED

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。