Kendrick Lamarの『good kid, m.a.a.d. city』が5周年。あの曲にはAndre 3000へのオファーがされていた

今年の10/23で、Kendrick Lamarの『good kid, m.a.a.d. city』が5周年を迎えた。リリースしたレーベルのTop Dawg Entertainment(TDE)の社長であるPunchが『good kid, m.a.a.d. city』に収録されている”Bitch Don't Kill My Vibe.”の裏話を明かした。

ヒップホップの歴史に残る名盤となった『good kid, m.a.a.d. city』が先日5周年を迎えた。Punchによると『good kid, m.a.a.d. city』に収録されている”Bitch Don't Kill My Vibe.”にはもともとAndre3000をゲストとして歌わせようと考えていたとのこと。

「”Don't Kill My Vibe"では3 Stacks(Andre 3000)を呼ぼうかと思ったけど、彼はジミヘン役で映画撮影中でダメだったんだ」とPunchは明かす。

さらにPunchは「彼だったらどういうサウンドになったんだろうと考えてしまうね。でもJay (Jay Z)がリミックス版をやってくれて上手く行った」と語った。

『good kid, m.a.a.d. city』について「このアルバムはタランチーノの映画みたいにしたかった」とPunchは言う。各シーンは時系列通りじゃないけど、まとまりのある流れを目指して作ったそうだ。

この日Twitterでは多くの人が5周年を祝い、『good kid, m.a.a.d. city』について言及した。Dr.DreとAndre 3000がスタジオで”Bitch Don't Kill My Vibe.”を聞いている様子を映した動画や、Kendrick LamarにサプライズでJazy Zのリミックスを聞かせた瞬間の動画が投稿された。このJAY Zがバースを歌ったものが、後にオフィシャルREMIXとしてリリースされる。

RELATED

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

Anderson .PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースへ

Dr. Dreがプロデュースし制作されてきたアルバムが完成したと報告を行ったAnderson .Paak。この作品にはまだどんな楽曲が収録されるかはわかっていないが、ビッグコラボチューンも収録されそうだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。