Vince Staplesが話題のエミネムのフリースタイルを「ゴミだ」と批判

BET's Hip Hop AwardsにおいてEminemはドナルド・トランプを痛烈に批判するフリースタイル動画を公開し話題となった。ラッパーのVince StaplesはそのEminemのフリースタイルを「ゴミだ」と発言した。

先日、シカゴ現代美術館でPitchforkがトークショー『In Sight Out』を開催し、Vince Staplesが出演。話題になっているエミネムのトランプ批判フリースタイルを「あれはゴミだ」と言った。

Staplesは「もし自分がエミネムと同じ言葉でラップしたとしても人々は真剣に取り合ってくれないだろう」と、あのフリースタイルは内容が良かったわけではなく、エミネムだから騒がれているだけだと語った。

「『This is for Colin. Ball up a fist. And keep it balled up like Donald the bitch』と同じように俺が言ったとしても『なんだこのニガーは』って言われるだけだ」とStaplesは言う。

この記事をPitchforkが公開してからしばらくして、StaplesはTwitterであの発言はただのジョークであったと弁明した。

「エミネムについて言ったことは、楽しんでただけだよ。あいつのことは好きだ。卑しいPitchforkは前後の文脈を考慮しないで取り上げた」

「XXXTentacionがXXLで魔術師みたいな格好でフリースタイルした時はみんな馬鹿にしてたのに、なんでエミネムがアサシンクリードみたいな格好するのを許して、俺のジョークを許さないんだ」

「エミネムについてジョークを言っちゃいけないのは白人至上主義だ」

と続けてツイートしたStaples。エミネムが嫌いなわけではなく、大げさに記事にしたPitchforkを怒っているようだ。

 

RELATED

Vince Staplesが「音楽を聴くのが嫌いだ」と語る

現代のヒップホップシーン随一のひねくれ者であるVince Staplesが、またしても独特な考えを披露した。今回、GQのインタビューに登場した彼は1人のアーティストであるにもかかわらず「音楽を聴くのが嫌いだ」と語ったのである。

GQの「クリーンなアーティスト特集」に登場したVince Staplesが自分の他にラッパーが出ていないことを疑問視

ドラッグを完全に断ったと告白したA$AP Rockyや「リーンをやめた」と発言したFutureなど、ラッパーの間でドラッグの使用をやめる動きが活発化している。そんな中かねてよりストレートエッジを貫いていることで知られているVince StaplesがGQの「クリーンなアーティスト特集」に登場するも、そこで取り上げられたアーティストのセレクトに異議を唱えている。

Vince Staplesがアルバムとミックステープの違いを契約の観点から語る

音楽シーンにおいて作品の形というのはシングルやアルバムだけではない。EPや基本的に無料で聞くことの出来るミックステープなど様々な形が存在する。アーティストによってそれぞれ何が異なるのかというのは違ってくるだろうが、レーベル契約がその違いにとって重要になってくるのは言うまでもない。そんな中、Vince Staplesが彼自身の考えるアルバムとミックステープの違いについて語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。