Supremeと大友克洋のコラボが実現? | 大友自身がトークショーで認める

Supremeと『AKIRA』などで知られる大友克洋とのコラボがついに実現する?

世界中で高い評価を受けている漫画家・映画監督の大友克洋とSupremeのコラボが実現する見通しだ。

これは大友作品のロゴデザインを手がけたグラフィックデザイナー上杉季明が、現在渋谷パルコで開催している『マッハ55号』のデザインワーク展のトークショーに登場した際に語ったもの。

上記の動画によれば、大友は「ずっと断っていたが、今月Supremeとのコラボがリリースされる」と語っている。一体大友のどの作品が俎上に上るのだろうか。続報を待ちたい。

RELATED

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

Kanye Westが大友克洋の『Akira』から最も創造性に影響を受けたと明かす

大友克洋の漫画『Akira』といえば、日本を代表する漫画の1つであり、ドラゴンボールの作者鳥山明などの漫画家はもちろんのこと、世界的な映画監督であるスティーヴン・スピルバーグもファンを公言するなど、様々なアーティスト達に影響を与えてきた作品として知られている。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。