Martin Shkreliが所有する世界に一枚しかないWu-Tang Clanのアルバムが、Wu-Tangの公式アルバムではない可能性が浮上

大富豪Martin Shkreliが200万ドルで購入し、現在再びebayに出品されている、世界に1枚しかないWu-Tang Clanの幻のアルバム『Once Upon a Time in Shaolin』が、実はWu-Tang Clanのアルバムではないかもしれないと噂されている。

AIDS治療薬の権利を買収し値段を引き上げたことや、証券詐欺の罪で問われたことで、アメリカで最も嫌われている人物と認定されている、大富豪Shkreliは2年前にオークションでWu-Tang Clanの世界に一枚しかない幻のアルバムと言われている『Once Upon a Time in Shaolin』を、200万ドルで落札。世界で最も高価に取引されたアルバムの所有者となった。

しかし関係者によると、このアルバムはWu-Tang Clan公認のアルバムではない可能性があると言及されている。関係者二人がBloombergの報道を通して証言した。

Wu-Tang ClanのメンバーであるU-GodのマネージャーであるDomingo Nerisは「Wu-Tang Clan公式のアルバムではない」と主張。一度もWu-Tang Clanのアルバムとして認めていないとのこと。さらに同じくWu-Tang Clanの一員であるMethod ManのマネージャーJames Ellisによると、「プロデューサーCilvaringsに提供するためにレコーディングしたバースが使われているだけだ」と明かした。どうしてそれが幻のアルバムという形になったのかは分からないという。

Wu-Tang一派の関連アーティストであるKilla Sinのバースもそのアルバム内で使われているらしいが、Killa Sinも同じように「プロデューサーCilvaringsと一緒にNYでレコーディングをしたが、Cilvarings個人のアルバムのためだと聞いていた」と語った。

もともと最初『Once Upon a Time in Shaolin』の存在が発表された時、このアルバムを全曲聞いたのはWu-Tang ClanのリーダーRZAとCilvaringsだけだと公言されていた。「全貌をメンバーに知らせずにレコーディングをしたけど、計画を説明したら面白いアイディアだとみんな納得していた」とRZAは2015年に発言している。しかしU-GodのマネージャーNerisは「Clivarings個人のアルバムとしてバースを集めていたし、このアルバムをリリースする許可をメンバー全員から取っていない」と話している。

果たして大富豪Shkreliが200万ドルで落札した『Once Upon a Time in Shaolin』は、メンバーの許可無く、個人でレコーディングしたバースを繋ぎ合わせただけのものなか?

昨年Shkreliはトランプが大統領に当選したら『Once Upon a Time in Shaolin』を公開すると公言し、実際にトランプが当選し、Shkreliはネット配信中にアルバムの一部を流した

そして現在Shkreliはebayで『Once Upon a Time in Shaolin』を出品中。現在300件以上入札され、約100万ドルが最高入札額。もうすぐ入札終了時間なので、それで落札した人物が幻のアルバムの音源をネットに公開すれば全ての謎は解けるかもしれない。

RELATED

昨年公開されたWu-Tang Clanのドキュメンタリー『For The Children』の続編がアメリカで公開決定

日本では昨年に映画『キックス』と同時上映されたWu-Tang Clanのドキュメンタリーシリーズ『For The Children』の続編がアメリカで公開されることが決定した。

Notorious B.I.G.とWu-Tang Clanがニューヨークの通りの名前に

東海岸のヒップホップレジェンドであるNotorious B.I.G.とWu-Tang Clanの名を冠した通りがニューヨークに出来ることが明らかとなった。

Wu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場

ヒップホップ史上屈指の名盤である1st『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』の発売から25周年を迎えたWu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。