Polo Ralph Laurenをストリートシーンに根付かせたクルー「Lo Life」のミニドキュメンタリー

FASHION  2017.09.14  FNMNL編集部

Dazed Digitalが、現在のストリートカルチャーのシーンにPolo Ralph Laurenを根付かせるのに、大きな功績を果たしたNYのクルー「Lo Life」のショートドキュメンタリー『Bury Me With The Lo On』をYoutubeで公開した。

Lo Lifeはもともと1980年代後半に、NYに存在していたUnited Shoplifters AssociationとRalphie’s Kids、Polo Posseという3つのチームが、一緒になって発足したクルーだ。

彼らの目的はただ一つ、盗みなどあらゆる手段を使って、Polo Ralph Laurenをゲットすること。それまでのPolo Ralph Laurenは、主に白人のミドル層のためのブランドとして認識されていた。

ドキュメンタリーを制作したTom Gouldは「誰も彼らのように、Polo Ralph Laurenを大切に思っている人などいなかった」と語っている。

店から盗んだPolo Ralph Laurenを身につけていたLo Lifeクルーは、NYのストリートシーンでは新鮮に映り、彼らは大きな影響を持つようになっていったという。さらにそれに拍車をかけたのがヒップホップだった。ヒップホップのメンタリティーである、他人を出し抜くというメンタリティーと、Lo Lifeクルーは同じ考え方をしていたため、ラッパーたちもこぞってPolo Ralph Laurenを着用するようになっていったという。

貴重な90年代当時の映像を盛り込んだLo Lifeクルーのドキュメンタリー『Bury Me With The Lo On』は下記のプレイヤーでみることができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE