2017年上半期で最も成功したソングライターのベスト3をヒップホップ勢が独占

MUSIC  2017.09.06  FNMNL編集部

アーティストへの印税支払いなどを請け負うプラットフォームRoyalty Exchangeが、2017年の上半期に最も成功したソングライターリストを発表、ヒップホップアーティストがベスト3を独占する形になった。

トップになったのは1~3月のランキングでもEd SheeranやTaylor Swiftを下し1位となったMetro Boominが獲得。2017年すでに9曲をビルボードトップ100チャートに送り込んでいる。主な楽曲はMigosの"Bad and Boujee"やPost Maloneの"Congratulations"、Kodak Blackの"Tunnel Vision"、Futureの"Mask Off"などだ。

2位はフィーチャリング王の名をほしいままにするMigosのQuavo。なんとMigos名義の楽曲も含め19曲がビルボード トップ100チャートにランクインしている。下半期もQuavoへのフィーチャリングオファーは殺到するのは間違いなさそうだ。

対照的に自身のアルバム『DAMN.』から17曲がトップ100チャートにランクインしたKendrick Lamarが3位のポジションに。フィーチャリングワークはほとんど行っていないなかで、トップ3にランクインは素晴らしいというしかない。

4位にようやくEd Sheehanがランクイン、5位はDrakeとまさにヒップホップ勢がチャートを圧倒している。ランキングの詳細はこちらから。

MUSIC

FASHION

CULTURE