人気ラッパーたちはどの州で人気でどこで不人気なのか?

NYタイムズ紙が、今年の春にビルボードトップ100にランクインしており、最もYoutubeでミュージックビデオが見られているアーティスト50組を算出し、そのアーティストたちがどの州で人気があるのかの調査結果を発表した。

Future

Future

この期間で最も人気があったアーティストのFutureはやはり地元アトランタのあるジョージア州など南部で色が濃くなっている。これはその地域で、人気があるということで、逆に西部や北部では色が薄くなっており、ほとんど聴かれていないことがわかる。

Rihanna

2017-08-10 11.03.57

2位となったのはRihannaで、Futureほどは極端な色分けにはなっていないが、東海岸、西海岸と南部で色が濃くなっており、やはり北西部などではほとんど聴かれていないことがわかる。

Katy Perry

2017-08-10 11.08.25

Tayloe Swift

2017-08-10 11.09.30

FutureやRihannaと対照的な結果になったのがKaty PerryやTaylor Swiftなどのポップシンガー。南部などでは色が薄く、FutureやRihannaが弱かった地域が色濃くなっている。

Sia

Sia

Calvin Harris

Calvin Harris

Adele

Adele

Ed Sheeran

Ed Sheehan

バランスよく聴かれていたのがSia、Calvin Harris、Adele、Ed Sheeranなどイギリスやオーストラリア出身のアーティストたち。アメリカ出身じゃないだけに、地域に偏りがなくバランスよく聴かれているという推論が成り立ちそうだ。

Kodak Black
Kodak Black

 

Kevin Gates
Kevin Gates
Rae Sremmurd
Rae Sremmurd
Migos
Migos
Drake
Drake
Nicki Minaj
Nicki Minaj
Lil Uzi Vert
Lil Uzi Vert
Post Malone
Post Malone
Kendrick Lamar
Kendrick Lamar
Gucci Mane
Gucci Mane
DJ Khaled
DJ Khaled
Big Sean
Big Sean
J. Cole
J. Cole
Travis Scott
Travis Scott
Lil Yachty
Lil Yachty

他にランクインしている主要なヒップホップアーティストを見比べると、Kendrick LamarやJ.Cole、Drakeなどのようにバランスの良いタイプと、Gucci ManeやDJ Khaled、Migosのように主に支持が南部に集中しているタイプがいるのがわかる。

人種別の支持層や、ファッション層へのリーチなど様々な要因で、このようにタイプがくっきりと分かれるのはとても興味深い。

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

フロリダの若手ラッパーProject YounginがInstagram Live中に銃撃される

先日XXXTentacionが銃撃されて殺害されたフロリダで、またしても痛ましい事件が起きてしまった。

逮捕されたラッパーが自身のリリックを根拠に通常より重い判決を下される

ストリートでのリアルな経験を歌うことはある種のラップにおいて重要な要素の一つだが、それらが行き過ぎたためにシリアスなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。